スーパーシェルパやジャイロキャノピー、スーパーカブによる林道ツーリング。スカイウェイブ250 タイプMの紹介等。

NTT docomo eggy


eggy

P in masterとセットで、新品を4000円で購入。皆さんご存知(?)のeggy(エッギィ)です。本来は動画配信サービス(M-stage visual)の受信機器としての用途で開発されたはずが、もっぱら静止画&動画が撮れるデジカメとなってる模様。購入目的はほとんど衝動買い。コイツでバイクでの走行動画でも取ったろ!という一応の目的も、今のところ不発。まぁいずれ何かの何か?で活躍することでしょう(棒読み)。

起動に8秒ほどかかることを除けば、レンズ部が回転したり、暗さに強かったり、小容量のコンパクトフラッシュでも長い動画が撮れたり、操作してるときなぜかファミコンのコントローラーを思い出す(笑)等、いいことずくめ。ちなみにカメラ部は35万画素プログレッシブCCD。この辺りはなにがどうとかまったく分からないので省略(ぉ

使い込めば使い込む程愛着も出て楽しさも分かってくるであろうeggy。当方そこまで使ってないので、何かしら使い道を見つけて、またこのページで色々紹介したいと思います(今のところAQUAPACを使用しての水中写真なんかを思案中)。本来の目的である走行動画も忘れてはいません。なにかいい取り付け方法あったら教えてください(ぉ

主な特徴

・35万画素プログレッシブCCD。暗いところに強い(フラッシュはついてない)。
・レンズ部が回転式。
・動画はMPEG-4形式。160*120と320×240の2種のサイズ。それぞれNORMAL/FINE/LPの3通りのモードが選択可能。
・インターバル撮影機能付き。結構面白い機能。
・セルフタイマーなんかも有り。
・ホワイトバランス/逆光補正なんて機能まで付いてる。
・電池のもちがまあまあ(リチウム電池使用)。
・液晶が見やすい。
・起動が遅い(約8秒)。

サンプル(クリックで拡大)

拡大画像はeggyから取り出したそのままの状態で載せてあります。

キャノピーでのツーリング模様(2003/09/16)

動画サンプル

その1 [160*120 10fps 40秒 974KB 音有 asf形式]
└雄ノ山峠よりJR阪和線。
その2 [動画サンプル 1:06秒 450KB 音有 asf形式]
こんなかんじでヘルメットに装着したeggyから撮った動画。夜間で見づらいです。
その3 [160*120 10fps 2:32秒 3.66MB 音有 asf形式]
スーパーカブ70に搭載した、車載カメラからとった走行動画です。
その4 [320*240 15fps 4:15秒 8.1MB 音有り]
スーパーカブ70に搭載した、車載カメラからとった走行動画です。
その5 [つづら畑林道] NEW
スーパーカブ70に搭載した、車載カメラからとった走行動画です。Youtubeへのリンクです。
その5 [馬別れ~土仏峠まで] NEW
スーパーカブ70に搭載した、車載カメラからとった走行動画です。これまた、Youtubeへのリンクです。160x120の動画が倍くらいまで引き伸ばされてますので、かなり荒い動画になってます。

その他のデジカメ達

過去メインで使用していたデジカメとか。物欲を掻き立てられるものを見つけたらまた増える予定。

RICOH DC-3 FUJIFILM FinePix4500 CASIO QV-3500EX Mach Power MPX SANYO DSC-SX150
DC-3 FinePix4500 QV-3500EX Mach Power MPX DSC-SX150
DoCoMo SH251iS DoCoMo eggy Canon PowerShot A60 maxell WS30 DoCoMo SH901iC
SH251iS eggy PowerShot A60 WS30 SH901iC
SANYO DSC-R1 FUJIFILM FinePix F30 MUSTEK DV5200 KODAK DC3800 DSC-MZ2
DSC-R1 FinePix F30 DV5200 DC3800 DSC-MZ2
SANYO DMX-C4 MUSTEK DV12M docomo F-01A EX-Z80 GoPro HD HERO2
DMX-C4 DV12M F-01A EX-Z80 GoPro HD HERO2
最終更新日:2008/1/3

TOPページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ最近に追加したツーリングや温泉レポートの一覧です。日付は更新日となっています。簡易レポートについてはここでの告知は行っていませんので、そちらについてはTOPページのブログから過去ログを辿っていくか、ツーリングレポートのページから過去掲載分を確認することができます。

最近追加したツーリングレポートの過去ログ