ホンダ キャビーナ90の紹介。インプレッションや改造箇所の紹介、ツーリングレポートや長所、短所等。

キャビーナ90のTOPへ|概観色々気になる燃費

ホンダ キャビーナ90

HONDAのキャビーナ90です。ヤフーオークションにて購入。購入時、12504キロ。弟のメインバイクとなりそうですが、ツーリングやキャンプに使用した場合のインプレッション等書いていこうと思います。もちろん、通勤時や実用性等に関しても紹介していきます。

キャビーナ90関連の最新情報

キャビーナ90の主な改造点

  • 純正エアロバイザー
  • 純正大型リアキャリア
  • ホンダアクセス ビジネスボックス(鍵付 47リットル)
  • 社外(デイトナ)グリップヒーター

すべて購入時から付いていたものです。リアに装着している、後付ボックスが大きくて使いやすい。A3サイズのかばんがすっぽり入るので、打ち合わせの際の営業車としても大活躍しそうです。

キャビーナ90 利点

  • 雨風を凌げる。もちろんワイパー付き。ウォッシャー液も出る。
  • 荷物が乗る乗る。収納スペースたっぷり。
  • 一応車の流れにしっかりとのれる。
  • ガソリンは約7.2L入る。まあまあの巡航距離。
  • どっしりとした乗り心地で快適クルージング。
  • それでいて取り回しはラクチン。

ジャイロキャノピーとキャビーナ90。どちらのほうが雨風を凌げるか?という疑問ですが、オプションのエアロバイザーを装着している、キャビーナの方が少し濡れにくいかな?と感じました。いきなり、ゲリラ降雨の中を走行する機会がありましたのでそのときの様子を。
足はガソリンタンクの給油口辺りにすぼめておきます。肩は若干うちっかわに縮めるイメージで。そんな状態でゲリラ降雨の中、約20分間走行しましたが、肩、ひじの外側が少し濡れて、ケツのサイドのあたりが少しシケった程度で済みました。

しかし、車体の幅自体はジャイロキャノピーの方があります。キャノピーにエアロバイザーを装着すれば、そのときはキャノピーの方が雨に濡れにくくなるとおもいます。

キャビーナ90 欠点

  • ブレーキが弱い
  • 風に煽られやすい
  • 坂道ではちょっと悲しい

その車体の重さ故か、ブレーキの利きがイマイチです。前後ともドラムブレーキなので、少し心もとない。もっと重量のある、ジャイロキャノピーの方がブレーキの利きはいいかもしれません。まあx、あっちはなんせ、タイヤ3つでブレーキしてますからね(笑

坂道では、登坂の角度にもよりますが、70ccのスーパーカブとどっこいか。なだらかな角度であれば、法廷速度までは出せますが、角度があがると45キロ程がいっぱい。スーパーカブなら、2速でブイブイひっぱって、50キロくらいはでますからね。ここでも車体重量がネックになってる感じですね。ただし、さすがは2スト。坂道でも高回転域に乗れば、結構グイグイと坂道を登ります。いかにして坂道の手前までに、おいしい回転域まで持っていけるかが、坂道攻略のキーポイントになりそうです(笑

ちなみに、乾燥重量は102kg。スーパーシェルパが111キロなので、90ccとはいえ、やっぱり重たい部類になるんではないでしょうか。

キャビーナ90 その他データ等

  • 燃費は30キロは出てる。以外に良い数値 燃費運転を心がければ35~6km/lはいくかも?
  • 一方、冬場は若干燃費は下がるよう。
  • 前輪が12インチ。なかなかの乗り心地で、地面の凹凸にマアマア耐えれる
  • ジャイロキャノピー程ではないが、やはりギシギシカチャカチャと車体がうなる(笑
  • シートがふかふかですわり心地良し
  • 概観の詳細を別ページでまとめましたので、ご参考までに。

インプレッション

2010年の8月購入から、早くも1年が経過しました。ほぼ毎日、往復22キロの通勤で乗っています。1年でしらんまに4500キロ程走行。雨の日、風の日、雪の日と、オールラウンドに過不足なく大活躍しております。1年間無事故無違反で乗れた事を記念して、個人の主観の塊ではありますが、インプレッションを箇条書きで。

  • やっぱり全天候型は便利!
    車に乗れって話ですがw雨合羽要らずです。土砂降りでも30分くらいなら耐えられます。
    オプションで付いていたサイドバイザーがかなり貢献してる模様。これ、あったほうが絶対にいい!
  • さすがの2スト90cc
    けっこうパワフル。車体は重いですが、おいしい回転数に乗ったときは、グイグイと前に進みます。
    ゆるい上り坂くらいなら、ストレスを感じる程の減速は無し。
  • オイル減りまくり( ゚Д゚)
    オイルの燃費は悪いように感じます。1リットル缶が丸々入りますが、2ヶ月に1回くらいの給油ペース。でもこんなもんかなと。
  • コーナリングはガリガリ・・・
    スカイウェイブ程ではありませんが、センタースタンドを結構刷ります。あんまり倒しこめない様子。
  • ブレーキの利きは必要最低限
    購入当初、ブレーキの利きが悪い印象でしたが、慣れたら必要最低限には利いているかなと。
    後輪よりも前輪のほうがよく効くようです。
  • 荷物が載る載る
    ホンダアクセスのボックスが付いているからですが、積載性能はかなりのもの。
    メットインスペースがそこが浅く、やや使いづらいですが、色々と荷物は載る。買い物番長。
  • グリップヒーターが素敵
    最初から付いていたグリップヒーターの利きがいい感じ。冬場はかなり重宝してます。

ざざっと書きましたが、非常にいいバイクです。特に不満も無く、これ以上何かをする必要もない状態。適当に荷物を放り込んで、キャンプツーリングに駆り出したいくらい、ツーリングにも向いているバイクだと思います。

そろそろタイヤがちびってきましたが、あとどれくらい持つのかはまったく不明。基本的に、キャノピーやスーパーカブのように耐久性が抜群のリードがベースになっているバイクなので、まだまだ大丈夫と勝手に決めつけていますw

キャビーナ90でのツーリング記録

キャビーナ90のアレコレ

キャビーナ50/90関係のリンク

公開日:2010/08/08
最終更新日:2013/03/05


戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ最近に追加したツーリングや温泉レポートの一覧です。日付は更新日となっています。簡易レポートについてはここでの告知は行っていませんので、そちらについてはTOPページのブログから過去ログを辿っていくか、ツーリングレポートのページから過去掲載分を確認することができます。

最近追加したツーリングレポートの過去ログ