スーパーシェルパの利点や改造箇所、インプレッションなどを紹介。ツーリングレポートや走行動画等。

スーパーシェルパのTOPへ性能外観改造個所現在のシェルパ整備記録スーパーシェルパの燃費

性能

ファーストインプレッション、セカンドインプレッションも交えて。素人の見解ですが、是非参考までに!

スーパーシェルパ 画像色々

スーパーシェルパ

生石高原 札立峠 兵庫県篠山市山中 フロントカウルのアップ 野迫川の朝焼け 護摩壇山とスーパーシェルパ 生石高原r180にて

スーパーシェルパ 購入動機

管理人が中型免許を取って初めて乗った単車、それがこのバイク、KAWASAKI Super SHERPAなのです。

もともとオフロードバイクにかなりの興味があった管理人は、原付免許でCRM50を乗り回していました。しかし、往復300kmを超えるツーリング(非常に疲れる、ケツが痛い!)、30km/h速度規制(なんのための60キロメーター?)や2段階右折(余計に危ない)、その他色々・・・などに「これは危ないやろ?」と思い始めたのがきっかけで、中型免許を取得。

そして、「価格が安くて車検が無くてパワーがあって高速走行が楽で取り回しが楽で足つきが良くて丈夫で燃費が良くてメンテナンスが楽で維持費の安いカッコイイオフロードバイク、しかもマイナーな」という、なんとも贅沢な条件に見事に当てはまった、KAWASAKIのマイナー車、Super SHERPAの購入となったわけです。

スーパーシェルパの主な長所

◎ 足つき・乗り心地が良い
身長160cm以上あれば、足つき性も大丈夫かと。それと、個人差があると思うけど、幅が広くすわり心地のいいシートのお陰で、長距離ツーリングでもお尻のダメージが少ない感じ。連続3~4時間程度なら全然問題ありません。しかし、安全のためにも適度な休憩は必須ですw

◎ 軽くて取り回しが楽
足つきの良さに加えて車両重量(111kg)が軽いので、リヤを手で引っ張っての方向転換なんかも出来ます。ケモノ道に入りすぎて、「こりゃ切り替えしできないなぁ~」なんてときにリアを引っ張って方向転換できるのは大きい!

◎ エンジン音が静か
「トコトコトコ・・・」といった感じのエンジン音は、深夜の住宅街走行も安心。でも回せば心地よい音を発します。ドドドドドッ・・・!!
[スーパーシェルパの排気音 156KB 3gp形式(要QuickTime)]

スーパーシェルパの動画(排気音入り)

スーパーシェルパの排気音とフォーン(CRM50のもの)

○ 低燃費(平均28km/l)
最高で約39km/l、最低で約18km/l。平均して27km/l。シェルパはスリムなタンクでありながら、9リットル程入るので、平均25km/lの燃費が出たとして、一回の給油で200km以上走れる事になります。ツーリングの時なんかはほんとに燃費が良いので、財布に優しいバイクです。

>>燃費についての詳細はこちら

○ パワーがそこそこある
他のライバルマシン(セローやジェベル、SL)に乗った事が無いので比較は出来ませんが、必要にして十分なパワーがあると思います。1速、2速、3速・・・と気持ちのいい吹け上がり。唯一乗った事のあるFTR223との比較は、ハンドルから伝わる振動はシェルパの方が(かなり)少ない・シェルパの方が曲がりやすい・FTRの方が低速楽チン(3速発進可能)。FTR223もかなり乗りやすかった・・・。

○ 高速道路も結構楽
高速道路での100km巡航も余裕です。エンジンから伝わるハンドルの振動もそんなに酷ありません。最高速は、長い距離が必要でしたが、メーター読みでぬうわ(キーボードを見てみてくださいw)kmぐらいまで確認しました。これ以上のスピードは、風圧が物凄くてもうダメです。シェルパは80km/h付近が一番ノンビリと走れて良いかと思います。

◎ なかなか丈夫
2000年11月に購入してから、致命的なトラブルは一度もありません。(オイル漏れ除く・・・w)。自分で出来る範囲の基本メンテぐらいしかしてないのに・・・。あと、シェルパは始動性が悪いって事が言われてますが、夏場でも始動にチョークは使用しますし、それが普通なんだなぁ、と思ってます。一度エンジンが温まってしまえば、セルで気持ちよく一発始動!ただし、1週間2週間も放置してしまうと、とたんに機嫌が悪くなります・・・笑

走行シーン別

◎ 街中
ストップ&ゴーの多い街中はおまかせください。軽い車体、大きく曲がるハンドル切れ角、スリムな横幅などを駆使して、活躍すること間違いなし!ワタクシはKawasakiの回し者ではありませんww

◎ 林道
得意です。ブリブリ走れます。少々の落石や濡れ落ち葉、苔なんかも難なくクリアー。ぬかるみ路上河川、クレパスにイノシシの襲撃、なんでもコイです。すこし踏み入ったトレッキングも、持ち前の足つきのよさで難なくクリアー。楽しい!

○ 峠道
そこそこ走れます。コーナーの連続するタイトなコーナーなんかも得意です。あくまで制限速度内でのお話(;´Д`)

─ 高速道路
もーすこしスピードが出れば・・・という感じはあります。そもそもオフロードバイクの特性上、走行風をモロにうけます。なので、100km出れば個人的にはOK。ぬうわkm出したときは伏せてないと飛んでいきそうでした。

─ 雨中
完全に雨が降ってしまえばまぁ大丈夫。降り始めは若干滑ります。塗れた路面でもしっかりとグリップ&ブレーキ(減速)。

─ 雪道
新雪や解けかけた雪、アイスバーンでないしっかりと踏み固められた(車がつけたわだち)雪道なら、注意して走れば走れます。が、スピードは常に30キロ以下をキープし、なるべく前後輪ブレーキは我慢。エンブレを有効活用しましょう。

△ マンホールのフタ
かなり滑ります。できれば避けて走りましょう。雨が降った後or降ってる最中は凍結路に匹敵するものがあります。

△ 溝のフタ
これもすべります。雨が降った後に踏むと凶暴さUP!!

△ 白線
気を抜くとツルッっといきます。街中では避けて走ることはなかなか難しいので、白線通過中のブレーキ、角度をつけての旋回などは控えましょう。

× 凍結路
瞬殺です!走ってはいけません。スーパーなシェルパといえども普通に走ることは無理です(スパイクタイヤやスタッドレスなんて対処法もありますが)。どうしても走らなければならない状況になった場合は、時速5キロ以下に押さえて、いつでも停止(転倒)できる状態を維持しましょう。後輪ブレーキ・前輪ブレーキともかけた瞬間に転倒確定。エンジンブレーキ&両足による強制摩擦ブレーキ、ようするに踏ん張りブレーキで減速しましょう(笑)。

× バナナ
すごいすべります!お墨付きです(ぇ

気になる箇所

△ミラーが見にくい
肩パット入りのジャケット(または肩幅の広い防具や装備等)を着て運転すると、ミラーに肩が移りこんでしまって視認性が少々悪い。

×泥跳ね・水跳ねが激しい
地面が濡れているだけでも、下半身がビチョビチョになります。オフロードバイクの特性といえばそうなんですが、CRM50なんかは、全然水・泥跳ねしなかったのに、なんで?自作の泥除けで、多少はましになったような気がします。

─エンジンストール
急ブレーキ時にエンジンがストールする(しそうになる)。なぜ?

─膨らむリザーバータンク
リアブレーキのブレーキフルードが入っているリザーバータンクが、マフラーの熱で変形してます。個体差ではなくシェルパ共通のようです。

△オイル漏れ・・・
3度のオイル漏れはいずれもパッキンの寿命だそうです。ドバッ!ではなくジワジワ漏れる感じ。気分的にあんまり良くはないですな(汗)

・・・他に欠点が見当たりません。ただ気づいてないだけかもしれませんが、それだけいいバイクって事です。

◎:めっちゃいい! ○:良いカンジ ─:普通です △:イマイチ ×:がんばりましょう(;´Д`)

実際乗ってみて

まずバイクに跨ってみて思ったのは「思ったより小さい」でした。身長165cmの自分の体格に、まるでフィットしたかのような乗り心地。完全に跨った状態での足つきの良さ。そしてシフトを落とし、クラッチを徐々に離してアクセルを開けると、そこはさすがの250cc!気持ちのいい吹け上がりで加速していきます。

かといって扱いにくいわけでもなく、街中から林道まで、Super SHERPAは幅広く活躍できます。
そんなわけで、管理人は皆様に、このバイクの良さを知ってもらいたいのです。

セカンドインプレッション

長年乗ってみて、気付いた事を何個か。

スーパーシェルパ やっぱり良いところ

  • 購入当初、乗りやすいと思ってたこのバイク。乗れば乗るほど、さらに乗りやすいと感じるようになった。
  • 最初細いかな?と思ったタイヤも、全然問題無し。思いっきり攻め倒しても大丈夫。街中から峠、高速道路、不整地走行も雨中も雪道も、オールマイティーにそつなくこなす。
  • 高速道路での、エンジンからの振動は意外に少ない。100~110km巡航なら問題無し。それ以上はエンジンの振動よりも、風圧がヤバイ。
  • 最初弱いと思っていたブレーキも、今じゃ問題無し。後輪もしっかりロックするほど利きます。「じゅわ~・・・ぎゅ!」って感じで良く止まる。よくわからん表現やけど・・・。
  • キックが欲しいと思っていたが、セル始動はめちゃめちゃ便利!心配してたバッテリーも、全然元気です。
  • 80km付近まで一気に加速するエンジン。自分の腕では、コレで十分!
  • いっぱい物が乗るリアキャリア(現在はリアボックス装着。こちらも積載アップ)。
  • 全然壊れない。もとい丈夫。バイクに乗る上で、これはかなり重要やと思う。安心して乗れる。
  • 燃費はおおよそ26~7付近で安定。ツーリング行くと、殆ど30以上出る低燃費は財布に嬉しい。

スーパーシェルパ やっぱり気になるところ

  • 段差でガシャンと鳴るリアショック。
  • 最初は明るいと思ったヘッドライトは、照射範囲は狭いという事も発見。
  • 最初見づらいと思ってたミラーは、やはり見にくかった。肩が写りこみます。
  • オドメーターのボタンが押しづらい&レスポンスが変。ボタンを押して離す瞬間に切り替わるってのが少し違和感あり。
  • すぐ錆びるディスク。雨振った次の日には錆びが浮いてる。
  • 思い切ったブレーキングを行うと、エンジンがストールしそうになる。完全にエンジンがストップすることは少ないけど。
  • リザーバータンクの熱膨張。マフラーからの熱をモロに受けそうな場所にあるのでしょうがないのかも?

・・・結局の所、2年間乗っても、他に欠点がみつかりません(気づいてないだけかもしれませんが)。ほんとに良いバイクに乗れたと思う。全部素人の見解ですが。

色々書きましたが、誰が乗っても、初心者から上級者まで楽しめるバイクだと思います。このページが少しでも役に立てたようであれば幸いです。

スーパーシェルパ性能表(参考:kawasakiホームページ)

車名 SUPER SHERPA
乗車定員 2名
車両型式 BA-KL250G



型式 LX250DE
総排気量 cm3 249
種類 空冷4ストローク
DOHC4バルブ単気筒
使用燃料 無鉛ガソリン
最大出力(ネット) kW/rpm(PS/rpm) 19.1kW(26PS)/9,000rpm
最大トルク N・m/rpm(kg・m/rpm) 25.5N・m(2.6kg・m)/6,500rpm
変速機 常時噛合式6段リターン
車両重量 kg 111
備考



燃料消費率 60km/h 定地走行(km/l) 46(国土交通省届出値)
排出ガス 適合規制レベル 平成10年規制に適合
二輪車モード
(単位:g/km)
CO 13.0
HC 2.00
NO 0.30
参考
騒音 適合規制レベル 平成10年規制に適合
加速騒音規制値:73dB(A)

スーパーシェルパのTOPへ性能外観改造個所現在のシェルパ整備記録スーパーシェルパの燃費

公開日:03/01/13

[戻る]

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ最近に追加したツーリングや温泉レポートの一覧です。日付は更新日となっています。簡易レポートについてはここでの告知は行っていませんので、そちらについてはTOPページのブログから過去ログを辿っていくか、ツーリングレポートのページから過去掲載分を確認することができます。

最近追加したツーリングレポートの過去ログ