旧池田トンネル(池田隧道)

前回の続き

会社説明会が少しばかり早く終わったので、帰りの電車の中でショートツーリング行くかと思い立ち、そして帰宅後すぐにシェルパに火を入れる。日没の6時ごろまで、約2時間。どんなルートで走ろうか?とりあえずr63風吹峠へと走り、堀河ダムを写す。そのまま走って、つづら畑の分岐が見えてきたのでそちらへと進む。2月24日にも走ったつづら畑を走りぬけ、その後馬別れの三叉路を神通方面へ向かうことにした。


つづら畑を走行中、こんな倒木が。この前来た時、こんなんあったっけ?気づかずに(気づかない事は無いと思うが)通過すると、頭を”ごっつん”します。
辺りが明るくなってくると、無線中継地点の分岐はもうすぐそこ。前回は前の日に雨が大量に降ったこともあり、かなりヌタヌタで滑りまくったが、今回は乾いた路面が非常に走りやすかった。
ここでデジカメのバッテリーが切れてしまう(予備持ってきてなかった。DSC-SX150よ、電池食いすぎ!)。なので、ここからの画像は全て携帯カメラで撮影しています。画質低下許して!

んで画像は馬別れの三叉路。左が今来た、つづら畑と新達無線中継所方面。手前を進むと広域農道、緑化公園前に。右に進むと、神通温泉前に抜ける事が出来ます。

この前来た時、馬別れの看板ないなと思ってたらこんなところに。無残な姿を晒しておられました・・・。
神通方面へ向かう途中に、ちょっと寄り道・・・とある分岐を山へ登った先にあったものは・・・?
朽ち果てた民家です。
中もボロボロです。ずいぶん長いこと放置されているようです。家の中を徘徊していたら・・・・・・。ゴツ!!グハ!!

天井から伸びていた何かで頭を打ってしまいました。 ・・・早々に退散!!

馬別れの三叉路から、横道に逸れずに進めば、約20分で神通温泉横に到着です(画像正面の道はr62です)。
神通温泉横のr62を和歌山側へと走り、松峠林道の入り口へ。アレ?前回来た時には無かった横道が?(単に前回見落としてただけ)

松峠林道は後回しにして、先に此方側を探索することにします。

バイクでの進入はやめておいたほうがよさそうです。徒歩でトコトコと山道を歩きます。
日暮れ間近の鬱蒼とした山林を歩く事暫く、目の前にぽっかりと小さな穴が見えてきました。
旧池田トンネルです。実は1年半程前から、探していたトンネルでした。こんなところにあったとは・・・。
旧池田トンネル反対側から。あ~!なんでデジカメの電池切れてるねん!携帯の画像じゃ雰囲気が全然伝わりません。
トンネル内部。左隅の黄色いのは、懐中電灯の光です。正面の白いのは入り口の光。トンネル内部は、不思議な匂いがしました。
後日、改めて探索した様子はこちら→旧池田トンネル探索
日没間近だったので、松峠林道へは行かず、旧池田トンネルを後にし、そのままr62を和歌山へと抜け、広域農道からr63風吹峠へと向かいます。
道の駅 根来の里でコーヒータイム。今日は僅か2時間程の探索だったが、なかなか楽しめた。また午後から、時間限定で周辺探索に行こう。これから日もどんどん長くなってくるので、学校終わった後でもちょっとだけツーリング行ける♪
右矢印旧池田トンネル探索、最終章へ続く
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク