ジャイロキャノピーで滝畑山中を散策

#画像にマウスを持っていくと、コメントが出ます

雨が降る中、ジャイロキャノピーで2年ぶりの滝畑山中(落合)へ。高校の時バイト先で一緒に働いていた友人に、この辺りにチロリン村があるとの情報を得て以来、チロリン村を探し続けているまあガセとわかっていますがその事を口に出すメンバーは一人も居ない(笑)。

というわけで、午後から雨の振る中、雄ノ山峠へ。雨は小雨程度で、この前に装着した雨除けの効果も相まってまったく気にならない。ワイパーの効果も絶大で、むしろ雨の中走るのが楽しいぐらい。屋根付き万歳!・・・と思っているうちに滝畑山中へと通じる道へ。写真を何枚か撮り、2年ぶりの滝畑山中へと続く林道へ。

前来た時も荒れてるなと思っていたが、今回は乗ってるバイクのせいもあるがかなりつらい!落石が大きくて、その落石を避けながらの運転。ぬかるみも、シェルパやCRMなら気にならなくても、このバイクにとってはきついきつい。とくに、コブシ大くらいの大きさの落石でも、ジャイロの腹にその石が来ないように考えながら走らなければいけない。殆ど歩くぐらいのスピード。前回引きかえしたポイントまで、シェルパなら5分もかからないのに10分以上もかかってしまった。

んで到着してみたものの、やはり道は寸断されたまま。というかこの先ってほんまに道何やろか?と思い、徒歩で暫く歩いてみたが、たしかに登山道のような道が山の奥に続いてるが、シェルパどころか自転車でもきつそうな道。その時点で、このバイクでいける可能性は0なので、違うもう一本のルートへ行ってみる事にする・・・が、ちょっと登っただけで、急な傾斜と地面のぬかるみのせいもあり全然前に進まない。そういやここは、前回来た時シェルパでもこかしそうやなぁと、徒歩で登っていった道。いけるわけない。というかピザ屋バイクでここはくるような所じゃないと悟る。来る前からわかってましたが(笑)。

というわけで元来た道を引き返す。途中にある民家?見たいな所は、人が住んでるんやろか?というほどボロいが、初めてここに来た時に犬が繋がれてたのを思い出した。あの犬はどこへ?そんなこんなで、暫く走り元の舗装路に。適当な木の陰を探し、来る途中に買ってきておいた缶コーヒーをここで飲む。今日はここへ、コーヒーを飲みつつリフレッシュするために来たようなもの。正直チロリン村とかガセやし

コーヒーも飲み終わったんで、リフレッシュツーリング終わり。山の空気とマイナスイオン吸って元気になったので、家に帰ってHP作成の仕事を続行。息抜きの手段としても、バイクツーリングは重要なんですなぁ。


帰り途中に、遮断機の無い危ない線路発見(第4種踏切というらしい)。ほんまにコレ危ないと思う。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク