ダンディー室伏と行く川でデイキャンプ 2016

先月開催したBBQ大会の際に「やっぱり川か海行ってハジけたいわ~。家の庭やと雰囲気出ぇへんからなぁ~」とのたまうダンディーさんの希望を叶える形で開催した本日の日帰りBBQ。元々計画には上がっていましたが、週末を狙ったように雨予報が続いてしまい、予定がノビノビとなっていたのでした。

そしてようやく晴れの予報が出た本日、いよいよ実行に移すべくメンバーに招集をかけた結果、シェルパーズ隊員からは私と隊員4号の2名が参加。そしてご存知、ダンディー室伏の計3名が集結。

人数的には少し寂しくはありますが、まぁ結局はハジけて楽しい一日となることには変わりが無いので、レッツらBBQでGO!といきますかっ。

スポンサーリンク

まずは買い出し&目的地の丹生川までドライブ

本日は3人と少人数での移動となりますので、隊員4号に車を出してもらい、目的地の和歌山県橋本市にある「丹生川(玉川峡)」へと向かいます。

この丹生川へは度々BBQや川泳ぎで訪れており、意外と空いてて個人的には穴場だと思ってるスポットです。会社の同僚や友人達とも何度か訪れており、ロケーションも手伝って中々にハジけることができるスポットなのであります。

九度山町丹生川(2005/8/7) 夏と言えば川。そんなわけで、ダンディー室伏をひきつれ川遊び。ついでに、今週末から3泊4日で行く、四...

自宅を出発後、まずは岩出のミレニアシティで買い出しです。元々の予定ではBBQにする予定でしたが、参加人数も少ないことですし、簡単に済ませるために安定の「カレー」にすることにしました。ただ、それだけではあまりにも芸が無いので、米だけは現地で炊飯します。

100均にも寄り、虫網や虫かご(大きめの500円のやつ)等の備品も購入。今日は魚獲りもやりますので、そのための道具をここで調達していきます。

さて、カレーを購入しようと食品売り場に行きますが、なんとダンディーさん給料日前で金欠だそうで。またパ〇〇〇で散財したんか?まったく懲りない男でありますが、今日はダンディーさんが主役なので私がおごることにします。

で、なんでも好きなもん(レトルトのカレーですが)選んでや!と促すも、チーズ入ってるのは嫌だとか、これはマズそうやなと相変わらずの優柔不断っぷりを発揮してなかなか決まりませんw

いや、おごるんやからなんでもいいやんっ!と思いましたがそれを言ってしまうとご機嫌を損ねてしまうので静かに事の成り行きを見守りますw

そして暫くしてなんとか自身が納得できるもの(基本的に箱の写真を見て直観で決めてる様です。チーズが嫌なら内容物を確認しないとっ!)を発見したようで献立も決定。

さらにこれだけじゃ足りんやろうと他に欲しいものが無いか問い詰めると、カップラーメン(なんかめっちゃ大きいBIGサイズのやつ)をご所望の様子。じゃあそれもおごるわっ!さらにビールも欲しいと?!OKOK!さらにビールのアテのお菓子も追加して買い出しも完了。一路和歌山県は橋本市を目指して京奈和道を走ります。

道の駅 かつらぎ西でトイレ休憩&売り場を見学するべく燦燦と太陽が照り付ける灼熱の大地に降り立ったダンディーさん。まだ共用が開始されてから1年程なので新しい道の駅をまじまじと見学する氏。フトコロが寂しいので特に何も購入はしませんでした。

尚、フトコロが暖かいときは道行く先で色々と爆買いします。「宵越しの銭は持たねぇ」がモットーの、現代によみがえった江戸っ子(漢)であります。

丹生川までの道中。県道102号線(宿九度山線)を走りますが、道中は狭い箇所も多く、対向車に注意して走ります。

風景がだんだんと山奥の様相となるにつれて、後部座席に座るダンディー室伏さんのテンションもアゲアゲ。川に飛び込みたい衝動を抑えきれない様子です。

「まだ先なん?もうこの辺でいいんちゃう?」と後ろからソワソワと語りかけてきますが、道が狭くて対向車も多い道中、隊員4号には運転に集中してもらいたいのであまり話しかけるのは控えてもらいたいところ笑

そして走る事暫く、いつもBBQの際に利用しているポイントに到着。丁度いい感じで道幅が広くなっており、車も数台駐車できるスペースがあるうえに、川に降りるための斜面があるので荷物の積み下ろしも楽なポイントなんです。

ここを本日の幕営地とする!

すでに数グループが先行して展開しておりましたが、我々が陣取りたかった対岸のポイントは誰も使っていなかったのでラッキー!早速陣地を構えるべく荷物の搬送を行います。

ここを幕営地とする・・・!

川を渡る必要があるので荷物の搬入がちょっと手間ですが、その分利用客もスルーしやすい場所にあるのでオススメのポイント。ただし、丹生川の上流側(高野山方面)の天気予報には常に注意を払う必要があります。東の空が黒く濁ってきたら上流側で大雨が降ってる可能性があるので、いつでも撤収できるように準備はしておきます。川が増水したら道路側にあがれなくなるポイントですからね汗

さて、何度か往復して荷物を幕営ポイントに運ぶわけですが、1回目の往復が終わり、2回目の荷物搬入を行おうとした矢先、ダンディーさんてばもう我慢できなくなったみたいで、水着に着替えだしました!笑

しかもタオルを腰に巻くとかせず、車の影で公開脱ぎ脱ぎを開始!いや、その位置外から丸見えやん!と注意する間もなくフ〇チンになったので間に合わず。時同じくして付近にいらっしゃった方々、小目汚し失礼致しましたっ。

まぁさすがはダンディーと言ったところ。それだけ8月の山・川・海は魅力的なんですよね。もう辛抱溜まらんくなっていたようですw

で、そんなダンディーをしり目に、私と隊員4号で車から降ろす荷物のチェックを行っていたのですが、暫くして川の方からダンディーさんの絶叫が。

「とったど~ ~ ~ ~ ~ !!!」

・・・えっ!!!!!???もう魚捕りはじめてんの?!まだ荷物の搬入終わってませんよwwwってかみんなで準備終わってから魚獲りしようって言ってたじゃないですか!

テンションが上がりすぎた結果、色々と工程をすっ飛ばして超フライングをかましております。

まさに疾風迅雷のごとき行動力。すでに明鏡止水の境地に至った氏のピュアな心には誰も太刀打ちできないのであります。

まぁなんしか楽しそうにスタートダッシュをかましたダンディーさんをよそに、我々二人で残りの荷物を川まで下ろします。そして引き続き魚獲りに勤しむ氏を横目に本日のデイキャンプ地も無事完成!タープを張るスペースがちょいと狭くて四苦八苦しましたが、なんとか完成に至りました。

さぁ、お次はお愉しみの昼飯です。まずは米を飯盒します。水の分量とかが適当だったのでちょっと不安でしたが、イイ感じで炊き上がりました!おこげも適度についてTHE キャンプという雰囲気が出てきて非常に楽しい。まだ米炊いただけではありますがw

レトルトも温めます。尚、ダンディーさんてば散々迷った挙句にカレーじゃなくてハヤシライスをチョイスwwカレーみんなで食べようって言ってたのにハヤシライスって・・・!

ちなみに一番最初に温めたのはもちろんダンディーさんの分。もう腹が減って仕方がないらしく、一番に食させることにしました。

出来上がったハヤシライスを見てもう笑顔が止まらない室伏様。器のアルミ容器の強度が弱く、内容量の重さに負けて若干へにゃってしまいましたが、そんなことはお構いなしと早速賞味に至る氏。

いただきますっ!!!

・・・とは言わないダンディーさんです(御馳走様も言いません)が、さっそく頬張ります。美味しそうに頬張っておりますね!そして相変わらず何か物を食べる時に目を瞑るダンディーさん。その愛らしいキモい表情に日々癒されているのであります。

美味しそうに食する氏。やっぱりこういった自然環境で食べるものはいつにもまして美味しく感じますねぇ。いいですねぇ。

食後の一服、至高の瞬間。タバコが絵になる漢。

ハヤシライスを食べ終わり、サラサラと静かに流れる清流を肴に食後の一服を楽しむダンディーさん。なんともタバコが似合う漢(おとこ)であります。

さらにもう一本・・・やっぱり食後の一本てウマいんだろうか・・・。

しかしながら、これだけでは全然食べ足りないそうで、後でお腹が減ったら食べると言っていたKINGサイズのカップラーメンをもう食べるとのこと。やっぱり我慢が出来ない漢(おとこ)なのであります。

隊員4号はすでにリラックスムード。お腹も膨れたのか眠気が襲ってきたそうです(赤ちゃんとちゃうで♪

そんなお眠な隊員4号を尻目にでっかいカップ麺をガンガン食べるダンディー氏。通常サイズの倍?くらいあるんでしょうか。見たことない量のキングサイズラーメンをペロっと完食。メンバーで随一の筋肉質の肉体を持つ氏は、燃費が非常に悪い様子。排気量が6000ccくらいのアメリカ車並みであります。

アッツイには熱いのですが、やっぱり川の傍だけあって時折爽やかな風が吹きます。ふと空を見上げるとまさに夏空という感じ。でも、そろそろ夏の終わりを感じ始める8月の後半。ちょっぴり哀愁も漂う雰囲気がなんとも言えません。

さて、本日の真の目的でもあった魚獲りです。ここで捕獲した魚を家に持ち帰って水槽で飼おうって寸法です。カワニナも少々頂きます。もちろん家で飼う事が目的です。決して地元の川に還さず最後まで面倒を見ますのであしからず。

魚獲りりにおいては右に出る者は居ないと自他ともに認める氏の手腕。すばしっこく動き回る魚の動きを先読みして網で器用にとらえます。・・・と口で言うのは簡単ですが、実際やってみるとまったく捕れません!なのにこの漢ときたら、いとも簡単に捉えます。なんか我々とは違うものが見えてるんじゃなかろうか。

エアーポンプ(ぶくぶく)を装着した生け簀(ダンディー持参)の中を見てみると、既に10匹近く捕獲されておりました。はえーな!(尚、最後に小さいやつはリリースしてサイズの大きな個体だけを持ち帰りました。)

ひと仕事終えた氏はまたしてもタバコで一服…と思いきや火は点けてない様子。川に全身浸かりながら一服するのが夢だったそうです(未確認)が、灰が川に落ちるので未点火のまま雰囲気だけでもとのこと。尚、タバコの吸い殻とかはちゃんとマイ灰皿に入れてます(マナー違反すると隊員4号からのきついお叱りがありますのでw)

タバコを咥えながら川を流れるダンディー様。タバコをシュノーケルか何かと勘違いしてそうです。

緩やかに流され続けるタバコをくわえたダンディーさん。面白い絵面ですねw別に本人ウケを狙ってるわけではありません。素の状態でこの面白さなんです。我々が彼を敬愛し、崇拝する理由がここにあるのです。

このポイントに一本の大木があるのですが、この木の雰囲気というか佇まいが好きなんですよね。護岸工事の様子を見るに、あえてこの木は切らずに残したんでしょう。なんかラピュタっぽい雰囲気が非常に良いですね。写真で見るよりも実際にはもっと大きく感じる大木です。

Goproによる撮影。はしゃぎまくるおっさんを必死で追うワタクシ。

尚、私はというと今回はずっとダンディーさんを撮影しながら追いかけておりました。上記はGoproからの切り抜きですが、チェストマウントハーネスによるGopro撮影は楽しいです。まぁ、周りからは変人か何かを見るような目で見られてしまいますがね・・・(恥)。私が悪いんじゃない!時代が追い付いてないだけですから! By黒兄

THE 夏空。色温度の高い夏らしい景色が我々の濁った体と心を浄化していきます。いや~いいですなぁ。

さて、たっぷり遊んで時間も結構いい頃(すでに午後4時過ぎ)。綺麗に後かたずけをして撤収します。そしてお次は冷えた体を温めるために温泉に向かいます。

やどり温泉事変

やってきたのはやどり温泉。3年ぶりに訪れましたがまたなんかリニューアルされてました。確か前にもリニューアルしてたような・・・。早速浸かります。

隊員3号が橋本市にある玉川峡にちょっとした紅葉スポット&滝があるという情報を入手。さらに玉川峡にあるやどり温泉のランチも美味しいらしいので行...

温泉の中では相変わらずテンションの高いダンディー室伏と談笑しますが、どうやら先ほどのデイキャンプが非常に気に入った様子。この人は一度ハマるとずっとそればかりになる傾向がありまして、昔四国へ一緒にキャンプ行った後も暫くはキャンプにハマって道具も色々買いこんでいたのですが、その後あっさりと飽きたよう・・・。

現在はキャンプに行くこともないみたいなんですが、やっぱり自然に触れるとまたキャンプ行きたいとなるようです。単純ですね!まぁ私も人の事言えませんがw

湯上り後に天ぷら定食を食すダンディー。いや、あんだけたっぷり食ってまだ食えるんかい!私と隊員4号は飲み物だけでしたが、このお方はもうお腹が減ったそうで・・・。がっつりいってました。ってかお金あるんかいっ笑

今度はしっかりと目を据えて食べるダンディー。でもやっぱりなんか面白ですねw

完っ食!非常に美味しかったようでご満悦。が、食べ終わった後に放ったひとことに驚愕。

「量は少なかったな~食べ足りんわ!」

・・・

まだ食えるんかよっ!!

自分は小食なのでちょっぴりうらやましいデス。

きれいさっぱり垢を落として(ある程度は)腹も満たされた室伏様。終始ご機嫌で御座いました。

さて、実はこの後、とある花火大会を見に行く予定がありまして、現地集合で私の家族と合流する予定となっておりました。開始時間は8時からなのですが、ギリギリに行くと駐車場が埋まってしまって難儀するのでちょいと早めに合流する予定でした。

この場所(やどり温泉)はかなり山深い場所にありまして、道路の状況もお世辞に良いとはいえず、所為、国道とは名ばかりの「酷道」を走る必要があります。

クネクネで1~1.5車線幅、おまけに横を流れる丹生川と道路の境目にガードレールの無い箇所も連続し、落石もあちこちで散見される非常に緊迫する道中である酷道371号線。ここを北上していきます。

バイクだと非常に楽しい道なのですが、今回は車です。まだまだ対向車も多く、運転する隊員4号も緊張した運転を強いられます。そして走る事暫く。ようやく道幅の広い箇所に出て一安心。あとは橋本市に降りて広域農道や京奈和を通って帰るだけなのですが、ここで後部座席でポケモンGO談義に花を咲かせていたダンディー室伏から聞いたことが無いような悲鳴が上がります。

「えぇ~~マジで?嘘やろ・ ・・・携帯(スマホ)無い・・・!!!!」

いや!こっちが「嘘やろ?!」ですよ!もう橋本市の市街地が眼下に見える箇所まで走ってきて、もうちょっとで綺麗な道に合流する手前でこの発言です。

マジでか?と車を停めてあちこち捜索しますがスマホは出てこず。で、呼び出してみるが電波がつながらない。なのでこの場所には無いということになります。

考えられる紛失場所の候補としては、やどり温泉か丹生川の幕営ポイントのどちらかになります。

ダンディーさんに確認すると、温泉場ではあったと思うと・・・というなんとも曖昧な記憶。川に落としてたらもう無理やろなーと思いつつも、あまりにも弱った声でか細く慌てふためく様子がかわいそうになったので、やどり温泉にTEL。スマホの特徴を説明して従業員の方にあちこち探してもらうと・・・

「ありました・・(スマホの特徴を言いながら)これでしょうか?」

それです!よかった!川には落としてなかったようです。呼び出せなかったのはやどり温泉では電波が入っていなかったからでした。

先ほど天ぷら定食を食べた際にそのままテーブルの上に置きっぱなしにしてたようですね。なんとも間抜けな・・・汗

まぁ、見つかってよかったねと。で、もう温泉からは結構な距離を走ってしまったのでスマホは着払いでダンディー宅まで送ってもらうことにして先を急ごうと思ったのですが・・・。

「ごめん。温泉まで戻ってくれへん?(すごくか細く遠慮した声で)」

いやいやいや!まじで?!またあの道戻るの?もう郵送でいいやん!と説得するも、頑なに首を縦に振りません。

神経を非常にすり減らすあの道をまた戻るのは非常に厄介です。隊員4号が懇願、怒号、そして少しの諦めが入った声で郵送してもらえと説得します。

・・が、ダメっ!!携帯が無い2,3日の時間がどうしても耐えられないそうです。さらに、置いてたら無くなるかも?とよくわからん不安に押しつぶされそうになっています。

いや~、マジかよ・・。

尚、私はめちゃ車に酔いやすい体質で、酔い止めは飲んでますがあのクネクネ道をまた戻るとなると、さすがに自信がありません・・・。

結局、ダンディーさんの懇願に折れる形で温泉までまた戻ることに。先ほど頑張って走りきったクネクネの危険な酷道をまた戻る一行。そして丁度温泉からの帰宅組に遭遇してしまい、対向車と何台も遭遇。もうタイミングとしては最悪ですw

そして、先ほどまでこの世の全てを手に入れたかのようなハイテンションで青春を謳歌していたダンディー様はまるでお通夜の様子。もちろん非常に申し訳なさそうに謝ってはいますが、それなら郵送にしてくれよとwww

また酷道371号線を南下すること暫く。やどり温泉着。すぐ受付へ。ありました!ダンディーのスマホ!

その瞬間に破顔一笑。安堵の様子で一瞬にしてテンションが元に戻るダンディーさま。まぁわかりますけどねwそらー携帯無くしたらテンションも下がるわけで。

携帯回収後の車内では再びハイテンションに戻った氏。でも、ちょっとだけ遠慮してた気がします笑

夏の終わりは花火で〆る

・・・携帯を回収してからは特に何事もなく花火会場に無事着。家族とも合流できて夏の最後を締めくくる花火大会に酔いしれました。

大迫力の花火大会。打ち上げ箇所までの距離が近いのですっごい音。近場ということもあり、ほぼ毎年見に来てる花火大会なんです。

・・・無事に花火大会も終了し、同じく花火を見に来ていた皆は一様にその場を後にします。その人だかりの流れに身を任せながら車を駐車している場所まで戻るわけですが、先ほどの携帯紛失事件のこと等すっかり忘れた様子のダンディー室伏は、今日の一日の想い出を隊員3号(後から合流した)に身振り手振りで説明しています。

よっぽど楽しかったんだなと、その様子を見て満足する我々でありましたが・・・。まぁ実際に非常に楽しかったですね。やっぱり外で食べるご飯は美味しいし、綺麗な川で特に何かをするわけでは無く、タープの下で適当に駄弁ってるだけでも相当に楽しい。

命の洗濯とは言いますが、まさにその通り。日々の喧騒から離れ、自然が発する音しか聞こえない、緑豊かな屋外での時間は何物にも代えがたいものがあります。

これでまた暫くは頑張れるな~と思いつつも帰路へ。非常に有意義で充実した今日の日曜日でありました。

理想を言えば明日が休みだったらな~と思うのですが・・・まぁそれは仕方がない。明日からまた頑張るとしますか。

・・・

・・・さてこの後。明日も朝が早い隊員4号と、案件が詰まり気味で余裕がちょいとない私は早く家に帰って眠りにつきたかったのですが・・・。

「ラーメン食って帰ろうぜ~♪」

マジかよ?!ってかまだ食うんかよ!!さっき定食食べたやん!ってか家に帰って一人で食ってくださいよ!と懇願するも、すでに「ラーメン絶対食べるモード」になってるので聞く耳を持ちません。

しかもこの時間(もう午後9半時過ぎ)にラーメン。もう胃も若くないので明日の朝に残るようなものは食べたくなかったんですが。

・・と、まぁ、押し切られる形で結局素直に従う私と隊員4号。当然ダンディーさんは大盛りを食ってました。そして本日2食目のラーメン。すっきやな~そして鉄の胃袋!

・・・ってか定食やらラーメン食う金あるなら昼飯自分で買えよっ!

このメンタルと体力(フィジカル)が羨ましいなと思ったそんな一日の終わりでした。

この後、家まで送ってもらい隊員4号、ダンディーとはそこでお別れ。捕ってきた魚はダンディーさんのぶくぶくを借りて、今日買ってきた水槽にIN。明日の朝に立ち上げ済みの野外水槽に放つとします。

とにかく今日はもう疲れたので一刻も早く寝たいのあります・・・汗

まとめ

なんやかんやとまとめると、非常に楽しかったということです。やっぱりダンディーさんと絡むと暇しません!その分疲れるんですけどねw

ダンディーとは小1からの付き合いなので、もうすぐ30年超え。いやー長い!で、長いですがいまだに新たな一面を発見できたりするので楽しいですね。これは他メンバーも共通の認識ではないでしょうか。

というわけでお二人さん、お疲れ様でした。またいきまっしょい!

~終~

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク