Super SHERPA納車

Super SHERPA納車!(2000/11/29)


2000年11月29日、いよいよ待ちに待ったSuper SHERPAの納車の日を迎えました。セローやジェベル、SLやKLXと候補が多くて悩みまくって最終的に決めたシェルパ。いったいどんな乗り心地なのかとか、実際目の前で見るシェルパはどんなだとか、前の日はそのことでなかなか寝れませんでしたよ!(w

とにかくシェルパを取りに行こうと、何故かフェロモンズメンバー数名と共に和歌山市内にあるRB(レッドバロン)へ向かいます(笑)。自分は車に酔うので、YOUにバンディット250を借りてRBへ!で、帰りはシェルパに乗って帰ってくると。完璧です(何が?)

で、無事RBへ到着。RBの入り口に入ると、3台のバイクが。その中にあって一際「コンパクト」なバイク・・・あった!ありましたよSuper SHERPAが!感動のご対面ですよ。雑誌で見るのと実際見るとでは、やっぱり印象が違います。思ったよりも小さいです。CRM50よりは全然デカイですが・・。そしてなにより、実際自分の目で見てみるとめちゃくちゃかっこえぇ~!ではありませんか?ピカピカのエンジンにマフラー。キラリと光る緑のタンクにゴツゴツしたタイヤ。純正のリアキャリア・ナックルガードも見逃せません。

早く乗ってみたい気持ちを抑え、RBの店長さんに乗り方や注意点等を聞きます。とにかく新品タイヤは滑るから、急ブレーキやコーナリングは気をつけてとの事。そしてパーキングロック(ここまでキーを回すとテールランプが点灯する)にはくれぐれも気をつけてくださいと言われる。んで、いざ乗車!バイクに跨り、セルを回すとシェルパは元気良くエンジン始動!おぉ、エンジン音静か!耕運機みたいです(笑)。そして購入条件の最重点ポイントだった足付きは、もうまったく問題無しです。両足べったりとはいきませんが、まったく不安はありません。CRM50に初めて跨ったときは馬鹿でかく感じましたが、シェルパはその逆で非常にコンパクトな感じ。シートも座り心地が良さそう。CRM50のシートは硬かったから、よけいフカフカに感じます。

そしていよいよ初走り!RBの人達にお礼を言い、恐る恐る公道へ。スッ・・・スススッ!おぉ!なんか良い!やっぱり250cc、パワーがありそう。それにCRM50なら間違いなくエンストしてそうな超低速でも、全然エンストしない。ちょっとブレーキの効きが甘い気がするが、まだ慣れてないしタイヤも新しいし、時期に馴染んでくるでしょう!

RBの帰りに、その足で南海部品へ。とりあえず軍手では寒すぎるので、手ごろなグローブを購入。うぉ!グローブ硬い!こんなんで運転できんかいな?でも全然温い。軍手とは雲泥の差。使い込んでいけばそのうち馴染むでしょこれも。

とにかく乗ってて面白い!まだ慣らしの最中なので、そんなにエンジン回すことが出来ないが、帰り道で気が付けば70km付近になってたりと、やっぱり50ccとはパワーの余裕が違う。それにエンジンの振動も少ない。重さも殆ど感じないし、250ccだというのをまったく感じない。こりゃ素晴しいバイクやなってことで、その日は家までじっくりと乗って帰りました。なんとか家まで無事帰宅できてホッと一息。

・・・そして次の日、布団から起きてまず何をしたかというと・・・・・・もちろん外に出てシェルパを眺めるのでした(笑)・・・

RBの帰りに、南海部品に寄る。プレーングローブを購入。ちなみにグローブ購入前の黒兄は軍手です(笑)
バンディット250に乗るyouと黒木兄弟(兄)。貴重なツーショット画像(笑)。少し調子の悪かったyouのバンディット、レッドバロンの人が無料で診てくれました。マフラーとキャブがつまり気味とのこと。店先でニュートラルで空ぶかし(アクセル全開で)。マフラーからなんかボフボフ言っててビビる。が、どうやらそれで調子よくなったらしい。さすがプロ!

□追記:⇒この後初めてシェルパで行ったプチツーリングの模様はこちら

専門学校時代にHP作成課題で作ったページです。今見てみると、とてもじゃ無いが人前に出せるような内容のものではありませんが、このページの作成をきっかけに某キャッチボール軍団のサイトが出来上がります。ある意味、これもフェロモンズ&シェルパーズの歴史の一部なのです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク