かいづか温泉 ほの字の里

少し前から立てていた計画では、今日はメンバー数名と川でデイキャンプの予定でしたが・・・前日から結構な量の雨が降っていたことと、本日も天気があまりよくないために計画は延期に。おまけにワタクシの体調がちょいとおかしく、午後遅くまで寝ておりました。

しかしながら、たくさん寝たのが良かったのか、寝て起きたら体調は大分と回復。んじゃまあ、久々に温泉でも行きますかと、集まれるメンバーを召集して貝塚温泉、ほの字の里へレッツらゴー。

DSC02167

猫用のにぼしを持ってきた隊員5号@アズー。うちの事務所のことを「猫カフェ」と言って定期的に猫を触りに来ます。
にぼしを食べることに集中している間にフサスリ(猫に顔を近づけてフサフサしてスリスリすること)するという癒しの時間を過ごしていました。

DSC02168

隊員4号も合流し、男4人でほの字の里へ。高速に乗って貝塚ICで降り、府道40号線へ。
ちなみにダンディーさんにも声を掛けていたのですが、釣りが忙しいらしく行かないとのお返事が。
せっかくみんなで集まれるタイミングやというのに、魚を優先してしまうこの男は相変わらずのマイペース人間です。

DSC02171

ちなみに、つい最近火事で半焼してしまったという宿泊施設。
幸いけが人等は出なかったということで、不幸中の幸いです。
営業にはまったく影響が無く、通常通り営業しておりました。

DSC02173

温泉に入る前に軽く散策する我々。

DSC02177

ちょっとしたサイズの子供用プールが設置されていました。
これはお子様も喜びそうですな。許されるならば、我々も是非利用させていただきたい(笑

ほの字の里内部を一通り散策した後、温泉へ。いやー久々に浸かるほの字の湯はいいねぇーとか話してたのですが、どうにも最近浸かった記憶が脳裏にフィードバックしている様子。それは私だけでなく、T谷や隊員3号&5号も同じ様子です。

はて?いったい全体、最近いつ入ったっけか・・・?と、記憶を辿ってもいつだか思い出せません。最終的には去年の春に登った和泉葛城山の帰りに浸かった時の記憶だろうと話はまとまったのですが、後から調べたところ、同じく去年の11月に登った雨山登山の帰りにも、ほの字温泉に浸かっていたことが判明しました。雨山登山の写真紛失&レポートに詳細を書いていなかったので、私も思い出せなかったんですねぇ。

それにしても、これはやばいw大の大人が揃いも揃って直近の出来事を思い出せなかったとかやばいです。しかも、前述した葛城山に至っては、隊員5号@アズーは参加していません(本人は葛城山も一緒に登ったと思ってたらしいw)

・・・だんだんと頭脳がマヌケになっている証拠なのでしょうか。ちゃんと記事にしてブログにアップしてれば、まだすぐに思い出せたかもしれませんが・・・w

スポンサーリンク

ほの字の里の思い出

さて、せっかくの機会なのでほの字の里のことも少し触れておきます。

かいづか温泉 ほの字の里は廃校になった旧蕎原小学校跡地を利用して作られた温泉施設で、2000年にオープンしました。

蕎原小学校(昭和30年ごろ) 引用元:貝塚市ホームページ

この温泉に私が初めて訪れたのは、オープンからまだ間もなかった2000年の冬頃。初めて入ったこの温泉の「ツルヌル」具合にとっても感動してしまった私は、2001年の元旦から無理を言ってメンバーを招集。是非この温泉を体験してもらいたいと思ったわけです。

当時、温泉の良さにハマりつつあった私。専門学校のHP作成課題でも「関西の温泉マップ」なるコンテンツを作ったのですが、担当の先生から「渋すぎやろ!笑」と高評価を頂くも、まだ20歳前後の我々にとって温泉は敷居が高く、誘ったメンバーからも「どうせただのお湯やろ!?」と期待値はゼロ。

しかし!湯上り後の隊員4号からは、「正直温泉舐めてたわ!笑」と高評価。元々銭湯は大好きだったダンディーさんもニンマリ(でも良かったとは素直に言わないあまのじゃくw)、他のメンバーからも凄く良かったという声。

みんなでわちゃわちゃと、他愛のない会話をしながら入る露天風呂の雰囲気が素晴らしかったらしく、「温泉ええやん!」と共通の趣味をメンバーで共有できるきっかけになったのが、このほの字の里だったりします。

周りを山に囲まれており、春、夏、秋、冬とそれぞれで違った景色を露天風呂から眺めることができます。湯上り後のスッキリさっぱり感も素晴らしく、特に夏の湯上り後に感じる、山から吹くフィトンチッドをたっぷりと含んだ爽やかな初夏の風を受けるのが最高なのです。

何度も訪れたくなる温泉はそこまで多くありませんが、ほの字の里は季節を変えてリピートしたくなる、不思議な魅力がいっぱいです。もちろん思い出補正も効いてるんでしょうが・・・笑

この様な経緯もあり、個人的にも大好きなほの字の里。また定期的に訪れて、日々の疲れを癒してもらうことにします。

おまけ

ほの字の里がオープンして間もない頃の貴重な写真と、建築に携わった方(設計した方かも?)が書かれた記事がありましたので、こちらも紹介しておきます。当初は温泉を掘る予定はなかったみたいですね。結果的に温泉掘って大正解だったわけです。施設の建設に尽力頂いた沢山の方々に感謝。

外部リンク:そぶら・貝塚ほの字の里

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク