スーパーシェルパで林道高倉線を走る

林道高倉線(2001/5/16)


急に高倉林道へ行きたくなったので、午後4時過ぎ、高倉林道の入り口でもある、泉南市堀河ダムへと向かう。天気は快晴。春の陽気漂う絶好のツーリング日より。気持ちよくr63号線、風吹峠を走る。二つある入り口のうち、和歌山側にある入り口から堀河ダムへ。途中で写真を数枚撮り、高倉林道の入り口へ到着。

00
湧き水の前でシェルパ。
この水は飲めるらしいが、未だに飲んだ事無し。良くこの水を汲んでる人もみかけます。

01
湧き水スポット(上の写真)から5~600メートル進むと、堀河ダムが見えてくる。

02
貯水量マックスの堀河ダム。
他に人の気配が無い。ポカポカの陽気の中、暫くこの場所で休憩する。

03
堀河ダムの周りをぐるりと一周するこの道。
たまにハイカーなどが歩いているので、カーブでは注意が必要。徐行しましょう。

04
横道。暫く行くと、バイクではとてもじゃないが薦めないスポットになる。
登山道みたいな道。

05
高倉林道入り口。緑の家?が目印です。ここから先しばらくは、結構ガレているので注意。
入って暫くして見えてくる右への分岐には進まないように。松茸作ってるらしく、一度入って怒られました(笑)

高倉林道は、比較的ガレ場も少なく、結構走りやすい道。頂上付近ではなかなか展望が良いです。お菊松という登山ルートもあり、たまにハイカーの方々も見かけます。が、基本的にこの道走ってて人と出会う事少なし。オフローダーは良く見かける。走りやすい道やけど、調子乗ってぶっ飛ばして走ってると、思わぬ所にあるわだちに足をとられることも・・・。高倉林道を抜けひたすらまっすぐ走ると、砂川方面へと抜けます。

06
基本的に硬く締まった、走りやすいダート。
たま~にオフローダーが対向してくるので、見通しの悪いカーブでは注意が必要。

07
頂上付近。『林道高倉線』と書かれている。
付近にはお菊松と呼ばれる登山ルートも。

08
画像左にあるような轍がたまにあります。
が、基本的には走りやすい良い林道。

[戻る]

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

総計