堀河ダム~梵天山を歩く 後半

前半の続きです。昼食後、あとは堀河ダムへと下山するルートを真っ直ぐに歩くだけ。途中に分岐は殆ど無く、50分程で谷まで降りることができるはずでしたが・・・ここから暫く山中を彷徨うことになります。

DSCF5378

広場から少し歩くと脇に下山ルートの入り口があります。

DSCF5386

幅も広く、足場もしっかりとしていて非常に歩きやすいコースです。
軽快に歩いてきます。

DSCF5394

遊歩道の部分に大きくせり出した形で成長を続ける大木。
これ以上大きく成長してしまうと、自分の重さによって倒れてしまいそうですね。

DSCF5404

フカフカした踏み心地が楽しい落ち葉ゾーン。

DSCF5411

午前中の登りに比べて格段に楽な行程に、つい頬が緩むT谷。

DSCF5418

分岐で立ち止まる、ナビゲーターの隊員3号。
尾根へと進むか、下るのか迷っているようです。

DSCF5422

結局、尾根を真っ直ぐに進んでいくルートへ進むことに。
「迷ったら尾根を進む」ということらしいです。

隊員3号に渡された山地図を見ていると、一度大きく山を巻く地点があるのですが、この分岐がそれなんじゃないかなと思っていたのですが・・・。今回もナビはすべて隊員3号にまかせてあるので、後に続いて歩くのみなのですw

DSCF5431

謎の蔦(ツタ)植物にストックを絡み取られそうになるT谷。
山は危険がいっぱいなのです。

DSCF5438

何かを指差す隊員3号。地図と地形から、現在地を把握した様子。

DSCF5441

・・・しかし、暫く歩くと踏跡が無くなり、これ以上進めそうにありません。
辺りを観察してみると、右下の方に進めそうなルートを発見したのでそちらへ進むことに。

DSCF5448

この地点からは降れそうに無かったので、少し戻ります。

DSCF5449

いくつかの藪を抜けて戻るのですが、その途中で見覚えのあるコンパスを発見。
大事な道標となる道具を落としたのは誰だ!>隊員3号です
無事コンパスを回収して、もう一本のルートへ進みます。

DSCF5450

T谷、負傷!朽ちた枯木から出ていた枝で擦りむいたようです。
たいしたことが無さそうなでよかったですが、、さあ、いよいよ厳しくなってきた!

DSCF5467 DSCF5461

尾根から少し降りて、脇にあった踏跡を頼りに藪地帯を進みます。

DSCF5472

赤テープを発見!地図に記されている本来のルートに戻ってきたようです。
どうやら山を迂回しなければならないルートをまっすぐに進んでしまったようです。

DSCF5489 DSCF5490

ここまでくればもう道に迷うことも無いだろう、ということで足取りも軽くなりますが・・・。
まだまだ気の抜けない下りが続きます。


動画:1分過ぎからロープ伝いに下る急勾配ポイント。結構危ない・・。

DSCF5495

本日最大の難所が、このタイミングでやってきました。
スリリングな下りが暫く続きます。ロープを頼りに慎重に下っていきますが・・・。

DSCF5501

過去に経験した自衛隊の体験入隊が生きたと言うT谷。
危なげなく降っていました。

DSCF5507 DSCF5504

こんな感じの急斜面を下っていきます。
ロープを括りつけている木が抜けてしまい、宙ぶらりんの状態になっている箇所もありました。怖っ!!

DSCF5511

どんどん下っていきます。ロープ地点もここで終了。
なんとか無事、下まで降りることができました。

DSCF5520

再び平坦な尾根に。堀河谷まではもうすぐです。

DSCF5525

分岐。真っ直ぐ進んでしまいそうになりますが、左へ下っていきます。

DSCF5529

辺りが明るくなってきました。

DSCF5540 DSCF5536

松の木が生える岩稜地帯。道が崩れやすいので、なるべく真ん中付近を歩くようにします。

DSCF5559

本日最後の急な下り。慎重に降りていきます。

DSCF5565 DSCF5563

無事、谷まで降りてきました。ササ峠から殿尾山、お菊山へと進むルートはまた次回にでも。

DSCF5568

錆びて良い味を醸し出す案内板。まだ文字は読めますね。

DSCF5571

昨日の雨で水量を増した堀河谷の沢。
この付近は夏場の避暑地としても良いポイントですね。

DSCF5576

というわけで今日の終わりに集合写真で〆。

DSCF5583

車を置いてある駐車場まで戻ります。

DSCF5584

こんな感じの地図には乗っていない取り付きが何ヶ所かあります。
松茸を収穫する際に利用されている入山ルートでしょうか。

DSCF5591

小さな滝。雨上がり後に出現する幻の滝です(w

DSCF5622

雰囲気の良い堀河ダム上流の沢。

DSCF5638

帰りしなに、少し寄り道して以前寄ったことのある謎池を見学。
T谷が巨大なカエルを目撃したらしく、えらく興奮していました。

DSCF5644

池の南側に回って。
この先にも登山道らしき道が続いていましたが、本日の散策はこれにて終了。

DSCF5648

そういえば堀河ダムの北側で大きな崩落があったようで、道路が寸断されていました。

DSCF5650

かなり大きく崩れています。復旧までには時間を要しそうな気配です。

DSCF5652

崩落現場の近くから梵天山の展望台が見えました。
すぐ近くに見えるのですが、なかなかに険しくて楽しい道中でした。

DSCF5657

最後に入念にストレッチを行っておきます。お疲れ様でした。>一行

DSCF5661

自宅に戻ってから隊員4号と合流。本日の山行を報告します。
そして、実は二日酔いでフラフラだったらしいT谷。簡易ベッドで休息をとってます。
前日夜まで続いた大雨を見て、「今日は山登りは無いな」と思い、飲みに行ってたらしいです。

今回の行程。今回もまたまた道に迷ってしまいましたが、無事に戻ってこれたので良しとします(ほんとはダメですが・・)。今回歩いたルートは、平坦な道が少なく、若干危険と感じる場所もありましたが、その分変化を楽しめる道中でもありました。

そして今更ではありますが、堀河谷から時計回りで進むコース(今回とは逆周りのコース)で歩いたほうが迷わずに進めた可能性が高いですね。また梵天山へ登る際は、時計回りのコースで歩いてみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

総計