こーてもーたがや (隊員3号)

02.jpg
バイク買っちゃいました!

そして本日納車。

本当なら明日納車だったんですが、はやる気持ちを抑えきれず、
某レッドバロン(バイク購入店)に電話をしてみると、

「もうできあがってますよ」

とのこと。

よっしゃ!ほんなら今日取りにいこやないけ。

てな感じで、今日引き取って参りました。

そしてそのバイクとは、、、

こいつです!

暗くてちょっと判りづらいとは思いますが

スズキのDJEBEL250XCです!

格好ヨロシイです。車高が思ったより高かったです。

タンクでかいです。DOHCエンジンも魅力的です。
ライトが明るすぎます。ナックルガードが寒風から手を守ります。
キャリアも標準装備です。デジタルメータ装備です。

まさに隊員3号の理想(教習日誌その2参照)のバイク。

さて、細かいインプレッション等はまた後日書きたいと思います。

それよりもなによりも、このバイクをレッドバロンから持って帰ってくるまでに、
かなりの冒険をしましたよ。うん。

まずレッドバロンを出てすぐの左折でエンスト。
当然バランスが崩れます。

左にガクッ!っときたところで左足を大地に向ってキック!
しようと思いましたが、想像以上に車高が高く、左足がつま先しか地面に当たりませんでした。

あとから判明するんですが、僕がシートの後ろ(シートが高くなるところ)に座ってたので、
余計に車高を高くしていました。

出発開始2秒で立ちゴケか!?

そんな光景がよぎりましたが、車重が軽かったおかげでなんとかふんばり。

しばらく和歌山市内を走っていると、メガネが曇ってきました。

フェイスマスクのせいです。
マスクの隙間から息がメガネの方に漏れてやがります。

メガネのフレームと相まってもう視界最悪。
前の車にオカマしそうになりました。

発進時のトルクを考えてクラッチを繋がないと、
簡単にエンストしてしまいます。
単に運転が下手ともいいますが。

それにしてもこのバイク、車高がかなり高いです。
判ってて購入したんですが。

まぁそんな感じで、無事ジェベル君は我が家の駐車場でシートをかけられ眠っています。

これからしっかり、事故のない様安全運転で、
乗っていってあげようと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

総計