スーパーカブのチェーンを調整

今日はどうにも腰の調子が悪くて、椅子に座っているのがかなりしんどい状態・・。左足の痺れがちょっとひどかったので、PCの前からちょいと退散。そんなわけで、またまたスーパーカブいじりです。ひとまずは動くようになったスーパーカブ。引き続きメンテナンスを行います。

チェーンが伸びてダルダルになってましたので、チェーン引いて調整。
チェーンの調整に関してはこちらで過去に記事にしてますので、詳細はこちらへ。
>>スーパーカブのチェーン調整 

チェーンカバーを取り外し。赤錆が発生してます。

前から3つめの目盛りの少し手前で調整。反対側も同様に合わせます。

完了。チェーンカバーも外してみました。見た目が若干すっきり。
チェーンを調整した後、試走へ。時刻は午後6時前ですが、まだまだ日は長い7月。近場をブラっと走りに行きます。

山中渓駅を過ぎた先にある廃墟。廃墟にはロマンがあります。

山口王子跡。スーパーカブで王子跡を巡る・・というのも楽しいかもしれない。
>>和歌山県街道マップ 

雄ノ山峠→r7→r63 風吹峠と進んで、道の駅 根来さくらの里へ。
コーヒー飲んで小休止。

これ、結構美味しかった。ミルク感たっぷりのコーヒーが好きです。

さて、普通に動くようになったスーパーカブですが、r63の風吹トンネルまでの長い登り坂でも、なんとか50km程での巡航が可能でした。不調になる前でもこれくらいのスピードで登ってましたので、やはりマフラーの詰まりによる出力低下が不調の原因だったようです。

ただ、このマフラーの詰まりに辿り着くまでに行ったメンテナンスに、オイル交換やプラグの交換(イリジウムプラグに変更)、キャブクリーナーによるキャブの洗浄等があったので、それらも復調する要因になっている筈。あまり整備は得意ではありませんが、自分が出来る範囲でちょいちょいとメンテしてあげないと、バイクも拗ねてしまいますね。そのほうが不調の原因にも気付き易くなるでしょう。

あとは・・ほんの少しブラブラと走るには、やっぱりスーパーカブのチョイノリ感が最強(笑)。ついつい寄り道してあちこち走りたくなってしまいますね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

総計