ついに寿命を迎えてしまったバッテリーを交換。互換タイプのバッテリーへ交換です。

スカイウェイブのTOPへ主な特徴インプレッション各部詳細と改造箇所スカイウェイブでツーリングスカイウェイブ日記スカイウェイブ250の燃費

スカイウェイブ250 タイプMの日記

2012/2/11

スカイウェイブのバッテリーを交換

>>こちらの記事も併せてご覧下さい(スカイウェイブ復活(バッテリー補充電)とバッテリーの外し方等)

走って充電すればまだ使えていたバッテリーをしつこく使っていたのですが、本日で三度目となるバッテリーが上がり。さすがにもう交換とします。4年目の冬は越せませんでしたが、もっと頻繁に乗っていれば、まだまだ使えたとは思います。2011年が乗らなさ過ぎました。


新バッテリーはすでに購入済み。
左が新バッテリー(FTZ9-BSの互換バッテリー)で、右が旧バッテリー(FTZ9-BS)。


上から。微妙に構造が違います。端子の部分は新バッテリーがゴールド。かっこいいw

このバッテリーの取り付けでちょっと注意点が。付属していた取り付け金具は使わず、元々本体に付いている金具を使いましたが、どうにも取り付けが出来ない・・・。マイナス側の雌側の端子(名前分かりません)を拾えない!なぜ?!10分程あれこれやってみましたが、マイナス側がうまく締めこめないので、ためしに元々の付属パーツを使って取り付けたら、あっさり装着・・・。


左が元々本体についてた取り付け金具で右が新バッテリーに付属していたもの。
新バッテリーに付いてた雌側のパーツがナットです。

上の画像のように、新バッテリーに付属していた金具の雌側の形状が違います。結果付属していたパーツを使うことであっさり装着することができましたが、あくまで互換バッテリーなので、微妙な形の違いはありそうです。


バッテリーを交換したついでに、フロントボックスのロック部分に注油。
動きがかなり渋くなってたんです。


+ネジを2本とも外すと、隙間が出来るので注油しやすい。
この箇所、たぶんまるごとはずれますが、外さなくても注油できたので今回はそのままです。


真ん中にある棒で、フロントボックスを電子ロックしてるわけですね。


バッテリー装着後、エンジン点火。もちろんセル一発始動。
購入したバッテリーの注意書きに「横倒しはNG」とありましたが、暫く使ってみて点検してみます。

これであと2年くらいは大丈夫と思いますが、やはり気になるのが、横倒し不可の表示。まったく問題無く使えるのかは、もう暫く様子を見てみないと分かりません。何かあればまたレポートしてみたいと思います。

□2012/5/5 追記
その後暫く使ってみた結果、どうやら液漏れや変色といった異常は無さそうでした。バッテリー自体の当たり外れというのはあるかもしれませんが、個人的には次回の交換の際も、同様のバッテリーを使ってみることにします。


液漏れや変色といったものは見受けられませんでした。大丈夫そう!
でも互換バッテリーを使う際は、やはり自己責任を負う暗黙の了解は必要ですね。

アマゾンなら、定価の半額で純正バッテリーを購入することが出来ます。充電済みで送られてくるので、到着してすぐに装着できます。ちなみに通常配送なら送料も無料。早ければ次の日に届いたりするので、急ぎの際&純正じゃないと嫌だ!という場合は良いかもしれませんね。

2016/4/17 追記
その後、約2年程利用してバッテリーが弱くなってきたので、2代目となる互換バッテリーに交換。同じものを購入したのですが、今回は約1年程で液漏れを起こしてしまいました。横倒しできないタイプを無理やり使っていたのですが、個体差で漏れる、漏れないもあるのかもしれません。初代はまったく問題無く使えていましたので。

そして3回目となるバッテリーは、横倒しにも利用できるというジェルタイプの互換バッテリーにしてみました。詳細は以下の記事にて。

>>スカイウェイブのバッテリーを横置き可能なジェルタイプに交換してみる

トップページへ戻るスカイウェイブのページヘ戻るスカイウェイブ日記へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ最近に追加したツーリングや温泉レポートの一覧です。日付は更新日となっています。簡易レポートについてはここでの告知は行っていませんので、そちらについてはTOPページのブログから過去ログを辿っていくか、ツーリングレポートのページから過去掲載分を確認することができます。

最近追加したツーリングレポートの過去ログ