スーパーカブに風防(ウインドスクリーン)を取り付け。効果絶大です。

TOP利点と特徴詳細な外観改造やメンテナンス/ツーリングスーパーカブの燃費動画置き場ブログリンク

スーパーカブに風防(ウインドスクリーン)を取り付け

真冬の冷たい走行風や雨、または雪等を防げるんではないか?の期待から、スクリーンを取り付けてみる。中古ならオークションにて2000~3000円ちょいくらいで売ってるものです。効果の程は・・・?!


オークションで落札したウインドスクリーンが到着。 さっそく取り付けてみる。
写真は、 ハンドルを下から見た所。
風防自体は、このネジ穴と連結するのみのシンプルな取り付け。

付属してあったパーツを組み合わせて。ボルト2個で締めるのみです。
お手軽!

完成。幌のようなものをボタンでプチプチと取り付けていきます。


作業は10分程で完了。後ろから見るとこんな感じ(笑)。
スクリーンにくっついてる2本の支柱で全体を支えてます。
組み付けも終わったので、 早速試走に出る。

スクリーン越しの視界はこんなかんじ。
スクリーン自体が青みがかってまして、やや見づらい。
これも慣れてくれば気にならなくなってきます。

境谷集落の細い通路を越えてく。
カブにぴったりなこんな道。似合う。

狙って今日試走に来たわけじゃないが、薄っすら雪景色。
丁度スノータイヤ履いた所だったんで、どんどんと進んでみる。

左の分岐はすぐに行き止まり。
意味も無くパノラマで撮ってみる(笑)
寒いなーとかおもってたら、車体からつららがぶらさがってた。
5cm程の積雪があった。
もちろんこの場所でスピンさしたりして遊ぶ。
ローアングルで。
付近にあった林道へ突入。
スノータイヤはこういった未舗装路にも強いかもしれない。
一応ブロックパターンですし。
帰りに、山中渓駅前でコーヒーブレイク。
暖まるー。

さて、肝心の風防の効果ですが・・・。チョイノリ程度なら冷たい風が体を冷やすことも無く、快適な走行が約束されます(笑)。手の部分も、幌で走行風をガードしてくれます。絶対あったほうがいいですこれは。逆に、真夏はめちゃくちゃ熱い事なるので、冬季限定ですが、これはいい!と率直な感想。小雨程度くらいなら体も濡れなさそうですし。実用性考えるなら必須ですなこれはw



スーパーカブ50/70/90用ウインドシールド(品番:No66)
丸目用。対応車種は以下。
スーパーカブ50 (デラックス) AA01/C50 ヘッドライト 丸型
スーパーカブ50 (ビジネス) C50 ヘッドライト 丸型
スーパーカブ70 (デラックス) C70 ヘッドライト 丸型
スーパーカブ90 (デラックス) HA02 ヘッドライト 丸型

<備考>
・ サイズ : 高さ540mm × 幅600mm × 厚さ2mm
・ 材質 : 硬質塩化ビニール樹脂 (透明モール巻)

スーパーカブ50/70/90カスタム用ウインドシールド(品番:No66)
角目用。対応車種は以下。
スーパーカブ50 (カスタム) AA01/C50 ヘッドライト 角型
スーパーカブ70 (カスタム) C70 ヘッドライト 角型
スーパーカブ90 (カスタム) HA02 ヘッドライト 角型

<備考>
・ サイズ : 高さ540mm × 幅600mm × 厚さ2mm
・ 材質 : 硬質塩化ビニール樹脂 (透明モール巻)

公開日:09/01/04
最終更新日:13/02/15


トップページへ戻るスーパーカブのページへ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ最近に追加したツーリングや温泉レポートの一覧です。日付は更新日となっています。簡易レポートについてはここでの告知は行っていませんので、そちらについてはTOPページのブログから過去ログを辿っていくか、ツーリングレポートのページから過去掲載分を確認することができます。

最近追加したツーリングレポートの過去ログ