スーパーカブ不調 その3 キャブ/エアクリーナー周りのメンテナンス(整備)

◎前回までの記事
スーパーカブ不調
スーパーカブ不調 その2 アイドリング調整 
スーパーカブのメンテナンス(準備編)

さて、スーパーカブのメンテナンスを行うのに必要なものを一通りそろえましたが、ここでちょっと手違い発生。タイヤやプラグ等、すべて同じ楽天ショップで購入しましたが、泡タイプのキャブクリーナー(RK EXCELRKキャブレタークリーナー)が配送されてない・・・荷物の入れ忘れ?と思い確認してみたら、購入履歴には残ってるのに、注文個数が”0”になっており、注文が通っていなかった模様。もちろんその分価格は加算されてませんでしたが、急遽キャブクリーナーだけ別途購入。・・・泡タイプのが見当たらなかったので、呉工業のクリーナーキャブをチョイス。今回のメンテナンスで一番重要っぽかったケミカル品やったんですが・・・。

とにかく作業開始。今回買い揃えたのは以下。


ノーマルプラグ。コレは近くのコーナンで購入。後で元々入ってたプラグ抜いたときに分かりましたが、純正の型番ではないのを購入してしまいました。
スーパーカブ70(92年式)の純正プラグはCR6HS。一応このプラグも使えるようです(裏面の対応表より)。


ノーマルプラグとは別に、イリジウムプラグも購入(CR6HIX)。
走って動けばなんでもいいんですが、試しに入れてみます。

オイル。純正のULTRA G1。


シックネスゲージとかいうやつです。タペット調整の際に必要。
これはコーナンで売ってたやつです。500円くらい。スーパーカブのタペット調整には0.05mmを使います。

バッテリー。純正はYT4L-BSですが、互換バッテリーを使用します。今回は以下のお店で購入。
【即納】満充電で出荷 GT4L-BS YT4L-BS FT4L-BS KT4L-BS DT4L-BS メンテナンスフリーバッテリー…

※スーパーカブ70用のバッテリーですが、探してみるとさらに安い互換バッテリーがありました。

◆高性能バッテリー◆【新品・充電済み】ValueProバッテリー■互換:スーパーカブ70[C70],郵政…

これはC70用ですが、こちらのお店で他にもたくさんの種類の互換バッテリーが売られています。ちなみに480円です。びっくりしました!ただし、送料が1500円かかります。。
>>WAVEパーツ館


純正ならAmazonが初期充電済み&送料無料でお買い得です。

エアクリーナーエレメント。150円(笑)。ほんとにカブはパーツが安い。純正品ではありませんが・・
【即納】【全国送料390円】TJ-A-017 エアクリーナーエレメントC (C70/C90) スーパーカブ 1721…

 

タイヤとチューブ。ブロックパターン「もどき」のタイヤです(笑)
しばらくこれでいってみようと思います。

急遽買い足したクリーナーキャブ。
ブレーキクリーナーは色々と便利なのでついでに購入。

まずは一番簡単なバッテリー交換から。

購入当初からバッテリーはほとんど上がってる状態やったんですが、そもそもキックしかついておらず、特に不都合も感じてなかったのでそのまま放置してました。ほんとはバッテリーが上がったまま走行するのはダメみたいですね・・。バッテリーは純正のYT4L-BSではなく、互換バッテリーのGT4L-BSを使用。1330円とお値打ち価格。まずはマイナス端子を外して、バッテリーを引き抜き、プラス端子を外します。取り付けは+→-の順番で。

外す前に写真を撮るのを忘れていて、マイナス端子側がどうくっついてたか一瞬分からなくなりましたが、この向きです。入れ込む向きや方向間違うと、バッテリーを封印している蓋がちゃんと閉まらなくなってしまいます。

エアクリーナー、キャブ周りに行きます。まずはベトナムキャリアとレッグシールドを外します。

ひん剥きました。ネジ数本で外れます。

レッグシールドを外すとガリガリボディな感じのスーパーカブ。

エアクリから外します。画像は下から見たところ。このネジ4本で止まってますので、全部外します。
ネジを外した後、キャブレターに連結されているホースから外さないと、エアクリ本体が外れません。
エアクリを外す際、フロントの泥除けがちょっと邪魔です。取り外してから作業したほうが、作業はやりやすいと思います。

おそらく一度も交換されていないであろうエレメント。黒い。

新旧比較。ちなみに購入したエレメントですが、純正の互換品とのこと。
150円でした。安っ!純正との違いは色以外、まったく分かりませんでした。

装着。旧エレメントが中々抜けませんでしたが、力いっぱいこじってひっぱったら抜けました。

お次はプラグ。こちらも新旧比較。
・・・コーナンで買ってきたプラグの型番が違う!うろ覚えの型番とパッケージの後ろに「スーパーカブ70対応」と書いてあったのでこれを買いましたが、失敗。
でもこのプラグでも一応動く(?)らしいので、予備として置いときます。試しに取り付けてみましたが何事も無くエンジンは点火できました。

イリジウムプラグ。スーパーDio乗ってるときからずっとプラグはノーマル以外入れたことは無かったんですが、イリジウムデビューしてみます。笑

キャブにクレのクリーナーキャブを吹き込みまくります。吹き込む度に吹かして煽ってエンジンストップ。それを数回繰り返します。
辺りに漂うあまーい匂い。

続いてオイル交換。ドロドロ!!真っ黒です。最後に交換したのがいつだか思い出せないくらい。

ここで一旦エアクリを仮組みし、エンジン始動。前回行ったキャブの調整を再度行います。

幾分かエンジンの音が静かになってスムーズに回ってる・・ような気がする(笑)。
アクセルを開ける際、「シュシュシュ!」という音と共に回転が最初にひかっかります。

ここまでのメンテナンスが終了後、一度普通に走って見ましたが、やはりトルクが出ず、スピードが出ない症状と、謎の空気が漏れているようなシューシュー音が改善されず。この謎の空気音がどうしても気になりますが、どこから鳴ってるのかが分からない。もしかしてマフラーのどこかに穴が開いてるとか??でもそれだと排気音で分かりそうな気がする。

この後、あとはタペット調整が残ってましたが、霙交じりの雨が降りだしたので今日はここまで。タイヤ交換は不調が改善されてから行う予定です。このシリーズ、もうしばらく続きます。

>>エンジンカバーのボルトが・・・に続く

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

総計