スーパーシェルパやジャイロキャノピー、スーパーカブによる林道ツーリング。スカイウェイブ250 タイプMの紹介等。

スカイウェイブ250とアドレスV125で行く高野山・龍神ツーリング(2008/7/6)

本日は珍しく、午前9時頃出発のツーリング。行き先は龍神方面に決定!狙ったように週末の天気が崩れていたここ最近でしたが、ようやく晴れの予報に本日のツーリングを実行することができました。参加メンバーは隊員4号のみ。珍しく二人きりという、うれしはずかしのどきどきツーリングとなりました。

*
場所はいきなり、高野山にあるとある饅頭屋。高野山までの道中は、とくに何事も無かったので省きます(笑)
んでもって、高野山の饅頭を食べつくす!が本日の目的でもある隊員4号が早速饅頭をお買い上げです。

* *
酒饅頭を購入した後、高野山をしばし散策。
金堂を見学してみることにします。お堂の前にて、外国の方が熱心に座禅を組んでました。

*
相変わらず鮮やかな朱色の根本大塔。
まだお昼前ということもあり、境内には人影もまばらな状態でした。

* *
高野山をうろついた後に、高野龍神スカイラインへ突入。
花園物産販売所にて、紫陽花が見頃の様子。

*
花園物産販売所の向かいにある、眺望スポット駐車場にて。
2台のSUZUKI車。

*
本日はツーリングのついでに、護摩壇山頂上へも登頂しておきます。

*
他に登山する人もおらず、ひっそりとして、じめじめした道中。

*
いい感じに苔むした石。

*
頂上にて。休憩所で軽く休憩する。


*
暫くして、頂上へ到着。この地点で、1372メートル。若干空気が薄いような気がします(笑)
この辺りで最高峰とされてますが、実は2番目の高さらしいです。

* *
スカイラインをまったりと下り、程なくして道の駅龍神へ到着。
真横にある日高川では、もう川で泳いでる人がたくさん。
水着を持ってきていないのでぐっと我慢する(この人は海パン無くてもパンツ一丁で泳ぎます

*
道の駅にて昼食にします。
地図をみてこれからの工程を考える隊員4号。

*
オーソドックスに山菜うどんを食らう。おいしゅうございました。
そしてこの場所で、危うくデジカメをおいてけぼりにしてしまうところでしたが、店員さんのナイス発見!で
事なきを得る。

*
腹もいっぱいにふくらかした後は温泉です。龍神といえば、もちろん龍神温泉です。
初夏といえども気温は30℃を超えた本日ですが、がっつりと入浴。キ○タマツルツルになる、いい温泉ですw

*
入浴中に、突然の豪雨。雷も鳴ってます。天気予報はやっぱりあたりません。
外のバイクにフルフェイスをおきっぱなしだった隊員4号のメットが濡れてしまいました。

* *
途中、少し雨にふられながらも、道の駅龍游へ到着。
過去、ダンディー室伏が大興奮した日高川にて、冷静に川の景色を撮る隊員4号。

* *
椿山ダムにて。なんでも山彦ポイントらしく、かなりいい感じで山彦がかえってくるらしいです。
隊員4号が挑戦してみましたが、どうにも帰って来ず。横にいたカップルに笑われてしまいました。笑

*
しらまの里を過ぎて暫くの辺り。結構前から建設中の道路。
ここが開通すれば、酷道424号と呼ばれる区間も残りわずかとなります。(残るは黒沢牧場周辺)

>>動画 国道424号線 修理川沿いを走る

*
国道424合線にて。またまた2台のSUZUKi車(アドレスV125とスカイウェイブ250)
この後、少し寄り道して生石高原へと向かいます。

* *
国道424号から、国道480号へとすすんで、二川ダム堰堤と道(笑)。この辺りは桜の名スポットでもあります。
この時点でもう午後6時。日が暮れ始めてますので、若干急ぎ目に生石高原へ向かいます。

*
生石高原にて。夕日は雲に隠れてしまい若干残念な感じでしたが、
それでもいい感じに夕暮れてました。

*
わかる人にはわかるこの画像。
とあるお方の専用ホテルであります(笑)。
シェルパーズは或ル弐輪車ノ旅ニ關スル伝奇を応援しておりますw

*
コーヒー沸かしたりして暫く休憩した後、集合写真を撮って生石高原を後にします。

* *
岩出市のあたりで。綺麗な夕焼け。
この後、午後8時前には無事自宅着。なかなか充実した、マッタリもっさりツーリングでした。

走行距離:245km
写真撮影:126枚
入った温泉:龍神温泉(600円)
燃費:スカイウェイブ250 36km/l アドレスV125 50km/l超(!)

*
このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ最近に追加したツーリングや温泉レポートの一覧です。日付は更新日となっています。簡易レポートについてはここでの告知は行っていませんので、そちらについてはTOPページのブログから過去ログを辿っていくか、ツーリングレポートのページから過去掲載分を確認することができます。

最近追加したツーリングレポートの過去ログ