ジャイロキャノピーで長谷東山堀河林道を走る

長谷東山堀河林道(1)
1月2日の午後、所要で日根野へ向かう途中
ついでにと前々から気になっていた
新滝ノ池から新家へと抜ける
林道長谷東山堀河線を捜索してきました。
ついでに次の捜索ポイントも探しつつ
ジャイロキャノピーでレッツ林道!
今回の相棒 GYRO Canopy
総排気量 49 cc
全長 1895 mm
全幅 650 mm
全高 1690 mm
定地燃費 41.9 km/L
最高速度
10~52km/h

まずは泉南市立、青少年の森へと向かいます。
青少年の森へのアクセスは、JR新家駅前の道を、ひたすら山へ向かってれば自然に着きます(アバウト)。

過去、青少年の森周辺には釣りなんかでよく来てましたが
この辺りも昔に比べて、少しずつ変わってきました。
紀泉病院裏に立派な道路も出来ちゃってます。
学校行事でハイキングに来たこともありました。
釣りに来て、知り合い(アッキー)の自転車が何者かに
ボコボコにされた事もありました。
色々とあった新家周辺は、まだまだ探索スポットがいっぱい。

紀泉病院を過ぎて暫くは舗装路。
こんな交通量の少ないところに2車線道路とはなんとも贅沢な(w
暫くして青少年の森へと続く分岐に。去る03年の7月20日に行かなかったポイントです。
・・・というわけで、約4年ぶりにこの道を走ります。なんか変わってるとこあるかいな?

暫く走ると、青少年の森の横の
小さな池が見えてきます。
静かです。
でもダムになってたのは
今日始めて知りました。
 徒歩でダム沿いを歩いてみる。  そんなに高さは無いです。
透明度も・・あまり無い。

青少年の森までは
一応舗装されてる。

青少年の森横の池[パノラマ 132KB]

もひとつあった池は完全に干上がってました。
そういえばここでもよー釣りしましたわ。

画像真ん中あたりに、ガードレールが見える。
もしかして、新滝ノ池までの林道開通したのかも?

泉南市立 青少年の森キャンプ場
この池を過ぎてしばらく、青少年の森へ到着。JR新家駅から15分てとこでしょうか?
相変わらずひっそりしてるなと思ってたらおっちゃんが一人、なにやら作業をしてました。
門は堅く閉まっており、人の気配はありません。 この門もいつも閉まってます。
昔、この場所で学校行事などで飯盒してカレー食ったりしましたね。 ウチの班のカレーが一番美味と
先生方がわらわらとウチの班のカレーをパクついてましたね。 トイレが凄く汚かった記憶が・・・w


泉南市立 青少年の森利用料金(1日)
市内
市外
成人
青少年
成人
青少年
宿泊
日帰
宿泊
日帰
宿泊
日帰
宿泊
日帰
100円
50円
50円
30円
200円
100円
100円
50円
テント1張 1000円 毛布1枚 100円(何れも1日間)

青少年の森を過ぎた辺りから、道がダートに変わる。この辺りは4年前とあんまり変わってません。
変わったのはこの先に伸びる、新たに開通しようとしている林道があること。
置いてあった看板から、林道の名前も「長谷東山堀河線」と判明。
んでもって今日は、その林道を探索するのですよ。
果たして、新滝ノ池まで開通しているのか?!その前に、このキャノピーで走れるような道なのか?

とりあえず、行けばわかるさ!!

長谷東山堀河林道(2)

お菊松との分岐からちょいと先までは、過去に走ったことがある道ですが
そこから先は未知の領域(大袈裟)なので、慎重に進みます。

最初の分岐。ここは左へ進みます。
右へ進むと、お菊松への登山ルートです。
暫く進むと、なにやら見覚えのある場所に・・・。
過去、紅葉をバックにCRM50を撮った所です。
キャノピーで同じアングルで撮ってやろうと思ったら
手前の段差にお腹がつかえて、写真の所までしか進めませんでした。

▼参照画像:99年12月、新家にてCRM50
/main/crm50/kakudai/03.jpg

どんどん進みます。
この辺りはキャノピーでも余裕余裕。
わざとお尻を滑らしながら走ったり。
山の上に、ガードレールが見えてきた。
結構高さあるけど、キャノピーは登れるんでしょうか?
とりあえず行って見ましょう。
しょぼい轍ですが、キャノピーにとっては深いクレパスです。
慎重に通過します。
勾配は穏やかでした。 全然紅葉してねぇス。 正面真ん中にキャノピー。 結構な高さまで登ってきた。
・・・順調に高度を上げつつも、フラットなダートをキャノピーで快走!
タイヤが3つあるので、少々無理にコーナー曲がってもそれなりに進むんで楽しい楽しい。
お尻が滑る感じがなんともいえなく、病み付きになりそう。

んでもって、お菊松の分岐から走ること5、6分・・・

THE・ゲート現る。
お約束のゲートが行く手を遮る。
この様子だと、新滝ノ池側のゲートもまだ下りたままでしょう。

▼参照画像:2001年7月、長谷東山堀河線、新滝ノ池側のゲート
http://www.onosato.org/katsudo/2001/turing/7-31takinoike/kakudai/kakudai03.html

ゲートの向こう側はすでに舗装されており、今走ってきた区間も、何れは舗装されるんだと思います。
引き返そうかどうか迷いましたが、もうちょい先まで入って見たい。

・・・というわけで、少々強引ではありますが・・・

キャノピー・DE・イリュージョン
某マジシャンもビツクリの荒業でゲートを超え、ダートから舗装に変わった林道をさらに進みます。
新滝ノ池側のゲートが開いてたら、現在ゲートで進入不可になってる新滝ノ池へ久々に入れますな。
長谷東山堀河林道(3)

まんまとゲートをくぐり抜け、舗装された林道を、少しずつ高度を下げながら走ります。
すると、やっぱり新滝ノ池側のゲートは閉まったままでした。
開通はやっぱり、3月25日(予定)のようです。


このゲートは、イリュージョンできそうにありません

引き返す途中、林道から伸びる支線があったので入ってみます。
入って暫くは砂利道。
岩肌の露出から、まだ作られて間もない林道だというのがわかる。

砂利が敷き詰められているもこの辺りまでで
ここから程なくして、道は荒れだす(あくまでキャノピーにとって)。
こちら側も、通行止めの看板が。
キャノピーにとってのこの段差、降りることは出来るが登れない。
万が一この先が行き止まりになっていたら、そこでレスキューですよ。
ここは大人しく、もと来た道を戻ることにします。
画像中央にうっすらとゲートタワービルが。
晴れてて条件がよければ、関空淡路、明石海峡大橋まで見れそう。
林道長谷東山堀河線を走るときの注意が書かれた看板。
一つ思ったが、ここが開通してもなんの役にも立ちなさそう。
素人的考えですいません。
というわけで、本日の目的は一応果たしました。
開通までもう2ヶ月半程ありますが、開通したらまた走ってみたいと思います。
ここが開通すれば、長いこと閉鎖されてる新滝ノ池前のゲートも開くんでしょうか?
開けたら開けたで、また中の物を壊す輩が出てきそうですが・・・。
その後、本日の本当の目的でもある上之郷へ。
林道探索中、何度も電話が鳴ってたので着信見てみたら、全部ダンディー室伏。
昨日あれだけ動いてまだ足りんのかよと思いつつも、帰路に付きました。
林道長谷東山堀河線DATE
全長 4.8km
道幅 1.2~2車線
展望 普通
備考 全線舗装予定?現在、半分まで舗装済み
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク