いちご狩りツーリング ~っていうかメインは山登りじゃねぇ?~

前日に黒木兄から「明日いちご狩り行くから9時頃集合!」とメールが来てたので朝は苦手なのですが
8時過ぎに起きて時間通りに黒木家に行ったら誰もいねぇ・・・・・
黒木兄弟も起きている雰囲気なし。もしかしてこれは隊員イジメ?!
まあとりあえず少し待ったら誰か来るからな~と思ったけど誰も来ないのでもういいやと思い、バイクのオイル交換をしばらくしてなかったので某バイク屋に向かってたらメール来てまさかと思って止まって見たら、案の定黒木兄で「起きてますかー?!11時出発なので10時40分時集合!」のメールが来てお前は今起きただろ!と心の中で思ってギリギリ戻れる距離だったので少し迷ったけど 黒木家に戻ったら案の定寝起きの黒木兄登場。
で文句を言うと 黒木兄の一言「あれ?朝7時にメール送らんかったっけ?」

んなもん来てねぇ!!

さてそんなこんなでアズー、ゆたっち、ダンディーが登場。
ニューマスィーンのゆたっちを先頭に和歌山の貴志川にあるいちご狩り園を目指します。一番後ろは一人だけ軽トラのダンディー。
しばらく走っていちご狩り園につき、入場料の1500円を払い、ビニールハウスへ向かうのですが、ゆたっちが「練乳ないとあかん!」と言うので近くあった閉店間近のスーパーへ。

「今日の俺イケてるだろ?」とダンディー。そして頬に手をあてて見惚れる変隊長?

買い物(主に練乳)を買ったあと、いちご狩り会場と書いた看板を発見!

その近くのビニールハウスのところに猫。猫といえば5号ですがふさふさしにいくと思いきや・・・・・・・

なんと素通り?!今は頭の中はいちご(何個食べると元がとれるか)でいっぱいらしい。

ビニールハウスに到着!かなりの人が来てていちごがあるのか不安でしたが、仕切りをして時間ごとに分けているようだったのでその不安は大丈夫でした。
この日は暖かかったので、ビニールハウスの中は暑い!

ビニールハウスは暑いので取れるだけ取ったあと、外で食べる我々。
いちごを食べる時も目を瞑るダンディー。

その後、いちごを食べ続けた我々は満腹(というか飽きた?)になり、談笑する我ら。
1時間かけ、たくさんのいちごを食べ尽くした我々は次なる目的地、噂の貴志駅へ向かうことに。

バイクを置いてる駐車場に戻る途中、じぃ~っと黒木兄を見て何かを狙っているダンディー。

突然黒木兄を掴み、落とすダンディー。

上がってきたとこをまた落とすダンディー。このあと何回も落とそうとしてました。
この男は何回もやってくるからしつこい。

さて次の目的地である貴志駅。
着いたらここにも結構な人達がいました。
ここには何があるかと言うと、なんと猫なのに「駅長」というたまがいるのです。

だが、残念ながら日曜日は定休日らしく、寝てました。
というか「スーパー」駅長やったのね。・・・・・スーパー駅長って一体どんな仕事すんの?(笑

ここから少しの間、画像がないので文字だけ・・・・・・

スーパー駅長の仕事姿を見れなかったが、猫の駅長はホンマにいてるんや~と感激?した我々は隊長と7号がしばらくバイクのオイル交換をしていなかったので某バイク店に行くことに。

お昼を過ぎていたので行く途中で弁当屋に寄り、各々好きな弁当を頼んで某バイク店へ到着。
少し時間がかかるのでバイクを見ていたんですが、いつもならそんなことないのになぜか今日は店員が2~3人こっちをじぃ~っと見てたのが気になっていたのですがそういうことやったのね。(詳しくはシェルパーズにて)

オイル交換も終わり、次は久々のキャッチボール!の前に約1名おなかが空いて死にそうなんでお昼ご飯。
若もの広場に行って弁当を食べたあと、キャッチボールをする予定でしたが、少年野球をやっていたので近くにある「根来山元気の森」へ行って食べることに。

着いたらここにも結構な人達がいる中、座れる場所を見つけてちょっと遅い昼食。
ここには弁当を食べるだけの予定でしたが、少年野球がやっていてはキャッチボールをやる場所がないのでここでしばらく時間をつぶすことにしたのですが、登山道を発見!

入り口が2手に分かれていて隊員7号だけ違う道に行ったのですが、あっさり行き止まり。

右のやつって一体何なんでしょう?

行き止まりだったので他のメンバーと合流することに。

何か見つけた様子の隊員5号。

他員5号が生えていたキノコ発見して隊長が食え!と命令されてさっき食べた弁当が足らなかったのか食べようとしている隊員5号。
キノコを食べようとしている隊員5号を撮っている隊長をさらに後ろから撮っている隊員7号。
ちなみにこれはシェルパーズにて動画もあります。
(ちなみにこの動画で途中、キランッ!と言う音が入ってますが、隊員7号がちょうど2個上の画像を携帯で撮っていたシャッター音です(笑))

結構降りていくが、まだまだ続いてます。

しばらく降りていくと山小屋が見えてきました。

中はこんな感じ。何するとこでしょう?

そのまま降りていくと池があり2手に分かれていたので隊長、4号、5号と3号、7号の2チームで違う道を行くことに。

違う道から隊長チームを撮る隊員7号。明るくてわかりにくいですが、隊長がこっちを見て手を挙げてます。

ズームアップして撮って見ました。携帯で撮ってるんですがどうでしょう?

結構広い池です。右はまたズームアップ画像。

一周できるようで隊長チームと合流。こっちはどうってことない道だったのですが、どうやらあっちは道が険しかったみたいですね。

「この池魚おるな~」と隊員4号。どうやら下まで降りれそうなので降りてみる隊員4号。

その時!

「ヤバイ!落ちる~!!」とマジで落ちそうになった隊員4号。
それを見て全く助けようという気がないダンディー。

まだ先は続いていたのですが、もういいかげん戻らないと帰りが大変なので隊員3号、7号が来た道で帰ります。

2つ橋があって左の方はがっちりした橋で右はもうボロボロでいつ折れてもおかしくない橋でしたが、あえて挑戦する隊員3号。

隊員3号に引き続き、隊員5号も挑戦。
しかし、その後ろに忍び寄る影が・・・・・・

「おらー!早く渡れ!!」とただでさえ危ない橋なのに後ろから棒で押す隊長。
それでも何とか渡りきる隊員5号。
ちなみに隊長は普通に大丈夫な橋の方を渡っていました。」

この時、1人のおじいさんが来て何か言ったので(よく覚えてないがその橋渡ると危ないぞ的なこと) 隊員4号は「この先何があるんですか?」と聞いたけどそのまま先を進んでいった謎のおじいさんでした。

何か発見した隊員4号とダンディー。でも何かはわかりません。

少し登って2手に分かれるとこまで戻ってきた我々。

談笑しながら登る我々。しかしこの時だけでこのあとは会話できる状態ではなかったです(笑

下りたということは登らないといけないということ。
結構下りたのでしんどいのなんのって・・・・・・・

最後の力を振り絞って登る隊員5号。

やっとこさ帰ってきた我々。日頃運動をあまりしない我々にはきつかった・・・・・

「もうあかん・・・・」と隊員4号はかなりお疲れモード。

そんな中、時々ジョギングをしている隊員7号と日頃運動はしていないはずなのですが、
普通の人間とは根本的に体力が違うサイヤ人・ダンディーの2人は少し休憩したら元気になったので
展望台に行くことにしたんですがあいにく修理中。
しょうがないので展望台の奥に道があったので隊員7号とダンディーはさらに奥へ。

進んでいたら小屋みたいなとこで子供が遊んでました。このあと駐車場に着きましてここは17時閉館らしく、30分前に放送があったのでそろそろキャッチボールをやりに若もの広場へ。
少年野球が終わったらしく、久しぶりのキャッチボール!

「さあ、やるか!!」と久しぶりにキャッチボールをするので気合を入れる我々。
なのですが、約1名さっきの山登りがかなり堪えたらしく寝てます。

しばらくキャッチボールをして少し休憩。まだ後ろで寝ている隊員5号。

中々起きないので起こそうとする隊長。

最終的には近づいて襲おうとする隊長・・・・・・・

そんなこんなでずっと寝ていた隊員5号。
日が暮れてきたので久しぶりのキャッチボールも終了。

帰ってきてお疲れの我々。

この画像は隊員7号のニュー携帯のフラッシュが真っ暗の中でどのくらい撮れるのか試してみましたが、携帯としてはかなりいいじゃないでしょうか。

隊員4号が「その携帯の画像がどんだけ綺麗か現像してみようぜ」というので最高画質で撮ってみた1枚。
隊長は瞑想、隊員4号は寄り目(笑
このあと、現像しに行ってみたんですが、綺麗といえば綺麗なんですが他の携帯とあんまし変わらないんじゃ・・・・・・・・

そのあと山登りとキャッチボールで疲れ果てた我々は各々の家に帰りました。

次の日はやはり筋肉痛になってました。・・・・・・・・腕だけが。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

総計