キャノピー(辛うじて)復活

■キャノピー(辛うじて)復活

思わぬ故障で時間かかったが、なんとかキャノピー復活。

□12日

夜暗くなってからの作業。で、9時過ぎに終了。1年前にこのキャノピーから外したベルトを再び装着。捨てないで置いといて良かった。試走してみたが、とりあえずは走るようになった。結局、「つなぎ」で1年以上も使用してたベルトとローラー、今回こそは新品購入しないと。週末までの家~駅の往復間、もつんかいな?

□11日

フライホイールプーラーが届いたので、早速作業開始。あっさりとフライホイール外れる。特殊工具恐るべし。で、中のコイル見てみると、見事にコイルが千切れてた。コレを半田でくっ付けると、あっけなくエンジン始動。油差したキックの動きもスムーズになっていい感じに。

千切れたコイル線。コレを半田付けして繋ぐ。

 
フライホイールプーラー。さすがは特殊工具。あっさり外れた。

オークションで送料込み2400円でした。

元通りに組み立てて、早速試走しに行く。が、どうにもトルクが薄いというか、前に進まない。スピードも出ない。しかもなんか焦げ臭い・・・。家に戻ると同時に、エンジンは始動してるがまったく前に進まなくなった。駆動系トラブルっぽいので、メンドイがもう一度クランク開けてみる。すると・・・↓

見るも無残なベルト・・・。山がとれてもーてる。

まだ比較的新しいベルトやったのに、なんで?

上の画像のように、ベルトの山が一部砕けて無くなってた。そりゃ走らんわ!ベルトの劣化が原因?かもしれないが、こんな風に砕けるとは・・・ツーリング先じゃなくて良かった良かった。

とりあえず応急処置的に、あまってたベルトを付けることにする・・・が、それは明日することにする。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

総計