スーパーシェルパやジャイロキャノピー、スーパーカブによる林道ツーリング。スカイウェイブ250 タイプMの紹介等。

川湯温泉/仙人風呂(2003/12/7)

先月に寄るだけよって入らなかった、和歌山県本宮町の川湯温泉の仙人風呂へ浸かりに行く。
朝一(午前6時)の仙人風呂に入りたかったので、午前2時ごろに自宅発。
家族みんなで行く予定やったのに、直前になって黒弟がゴネて行かんとか言い出しやがったので、
黒弟はほっていくことにする。


午前5時20分頃。道の駅 熊野古道中辺路にて最初の休憩。
ホットコーヒーを飲む。
ここまで約3時間とちょっとのペース。道の凍結は無し。


道の駅 熊野古道中辺路から、R311を東に40分程走って川湯温泉着。
旅館の脇にバイクと車を止め、川湯へ浸かる。


仙人温泉にて、黒木兄弟(末弟)が仁王立ち。
場所によって、温かったり熱かったりする、少し硫黄匂のする湯。
い~い湯~だ~な♪


すごく澄んでる大塔川。


早朝から、沢山の人々で賑わってる。
基本的に水着着用で入るらしいが、今日はタオル一枚のオバチャンが沢山居た。
ちっとも有り難くない。


ここにくると何時も居る鴨達。オスとメスが仲良く物乞いをしてくる。


こっちがメスかな?パンをやったら食いまくった。
やたら人になついている。


遠巻きに仙人風呂を撮影。


バス停にシェルパを駐車。バスが来ないうちに、さっさと次の場所へ移動する。


シェルパ正面からin川湯温泉。


同じく後ろから。


川湯温泉を後にし、10分程走って湯ノ峰温泉へ。


相変わらず風情ある、静かな温泉街といった感じの湯ノ峰温泉。


公衆浴場に浸かる事にする。200円。湯は文句なし!


神社。


湯の峰温泉 公衆浴場概観。


なるほど・・。


公衆浴場の湯船。湯が熱いです。


お地蔵さん、お早う御座います!


お地蔵さんの説明看板。
湯の峰温泉ってば、子宝の湯でもあるそうです。


つぼ湯。実はこのつぼ湯には、まだ浸かった事が無い。
今回もパスした。何れ浸かろうと思います。


湯の峰温泉を後にする。
雪がぱらつきはじめるが、すぐにやんだ。


場所を龍神村へと移す。画像は日高川。


道の駅で朝食兼昼食を取ることにする。


きのこピラフを食す。


なんかのドラマで撮影場所になったらしい。


やたらマラソンしてるひと多いなと思ってたら、本日は龍神でマラソン大会を開催してる模様。
わざとらしく「頑張れ!」とか言って見る。手を振ってくれた人が居た(笑
動画 [マラソン大会の様子1 マラソン大会の様子+α]


もうすぐ、冬季二輪車通行止めになる、高野龍神スカイラインにて。
あまりの寒さに、ふて寝する黒木兄弟(兄)。 風が強い!


ごまさんスカイタワー駐車場にて、いつもの景色。
時折雪がぱらつく。


尾根を豪快に走り抜ける林道。


ズームして。


進んでは停まって山を見る・・の繰り返しで、スカイライン周辺の山々を目に焼き付ける。


高野龍神スカイライン→室川林道→R480と走り、清水町の蔵王橋を見学する。


蔵王(ざおう)と読む。


ありきたりな構図で蔵王橋。


ありきたりな構図で蔵王橋その2。


二川湖。


蔵王橋とシェルパと末弟。


シェルパのライト周り。


シェルパを後ろから。結局キャンプ道具は必要なかった。
(眠くなったら、適当なところでキャンプ張って仮眠しようと思ってた)


蔵王橋ちょうど真ん中辺りで。
いまいち スリル感が無い。


生石高原、札立峠付近から野上方面を望む。

この後、とくに何事も無く午後3時ごろ自宅着。走行距離330km。

[戻る]

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ最近に追加したツーリングや温泉レポートの一覧です。日付は更新日となっています。簡易レポートについてはここでの告知は行っていませんので、そちらについてはTOPページのブログから過去ログを辿っていくか、ツーリングレポートのページから過去掲載分を確認することができます。

最近追加したツーリングレポートの過去ログ