スーパーシェルパやジャイロキャノピー、スーパーカブによる林道ツーリング。スカイウェイブ250 タイプMの紹介等。

紀北お花見ツーリング(2007/4/8)

今回は少々ネタよりのツーレポです。主なネタの中心は隊員5号@アズーで御座います。


久々に休みが合いそうなシェルパーズの面々でお花見ツーリングに行ってきました。あいにく隊員7号がお仕事なので不参加なのが残念です。12時頃には集合し、全員が集まるのを待って1時頃出発!目的地は、当初高野山を予定していましたが、今回黒兄&黒弟がキャノピーでの出撃ということもあり、高野山までの山道にて「キャノピー渋滞」を作ってしまう可能性があったので目的地を変更。紀北を中心に、桜が咲いてるところがあれば停まって散策という、なんともアバウトなツーリングです。

・・・が、出発してしばらく。隊員3号@ユタッチのFTRの様子がなにやらおかしい。エンジン周りからカタカタカチカチ・・・突然異音が!!しかもだんだん酷くなってくる。近くのコンビニに、昼飯を買うついでに寄って原因を探ってみるが、どうにもわからず。場所が場所だけに、ユタッチはここでいったん離脱。エンジンがちゃんと動いてるうちに、このままレッド●ロンへ向かい、エンジンを見てもらうことにする。出だしからいきなり不吉な・・・。


心配そうにバイクを見つめるユタッチと黒弟。幸先不安なツーリングのスタートとなりました。


こころなしか天気も悪くなってあたりも暗くなってきた。
そんな中、「日本全国たすきリレー」のフラッグをもってテンションのあがる隊員5号と、今日の寄行の相棒達。

ユタッチを見送り、昼飯を買って今日この後どうするかを作戦会議。ひとまず黒兄宅へ戻り、今日のこの後のことを考える。結果、とにかく近場でもいいので、花見は行こうということになり、再び出発!追加で、水とクッキングセットなんかを持ち出し、まずは堀河ダムへと向かうことにする。


目的地が決まれば、テンションは最高潮!
早速移動を開始します。


15分程で堀河ダムへ到着!さえない表情でポーズをとる隊員3号と5号。


眼下に見えるr63。桜は少々散り気味といった感じです。

15分程走って、まずは堀河ダム。桜は少々散り気味で、満開!という感じではありませんが、それでも綺麗に咲き誇っていました。この場にて昼飯でも・・・と場所を探すが、適当な場所が見つからず。紀泉わいわい村の入り口付近にて写真撮ったりしながら、どうせ食べるなら見晴らしのいいところいこか!となり、高倉林道からお菊松へと向かうことにする。

この堀河ダムでかわいさんとすれ違っていたらしい?!なんたる偶然!※フェロモンズBBS参照



そこそこいい感じで咲いてる桜。バーベキューの肉のいい匂いがただよっていましたので、
腹を空かした隊員5号がやばいことになっておりました。


紀泉わいわい村入り口付近にてバイクと隊員5号。
隊員5号@AzuMaxがいい顔してます。


DV5200をデジカメ吸盤君にて隊員5号のヘルメットに装着。
かなりわらける格好になりました。


[動画:アズマックス走行視点]

[動画:失敗走行動画(角度調整ミス 2分過ぎに隊員5号の絶叫、5分4秒になぜかゲップ)]


これから林道走行を控えるキャノピー2台。

ダム湖で適当に桜を堪能した後、高倉林道からお菊松へ向かう。さすがにキャノピーで林道はきつい!ガッコンガッコン石に乗り上げて右に左に暴れる車体を押さえつけながら走行。なにか部品?を撒き散らしてるような気もするが気にせず走行。弟のキャノピーは外装がぼろぼろなので、ウインドスクリーンやらライトやらが、振動の度に取れそうになってた。笑けるw

10分程走って、お菊松へと続く登山道の入り口に到着。飯はどこでくおかいな!とあたりを散策していると、砂川方面からバイク集団が!なんとトライアル車の方がこの断崖を登り始めるじゃありませんか!すげーー!!この急斜面を・・・。キャノピーでは地球がひっくり返っても無理です。

しばらくその様子をビデオカメラでとったり写真撮ったり、さらにその方たちとしばし談笑したりしてると、ユタッチから電話が。どうやらFTRは入院となってしまったらしい。で、台車でいまこちらへ向かってるらしいので、改めてユタッチもツーリングへ合流!待ち合わせ場所を桜池としたので、再び移動開始です。この場にて、ハラペコの隊員5号はすでに弁当を広げていましたが、まだおあずけ(笑)


[動画:格好つけるTW225@隊員5号]


(左)お菊松登山道入り口から望む景色。平和です。
(右)お菊松へと続く登山道。こんな急斜面、登山好きなお年寄りとかどうのぼるんでしょう・・。


横から見た図。過去隊員5号もこの急斜面を下る途中に転んでます。


景色を撮るアズマックス。そういえば本日、当初なら標高約800mくらいある高野山へ行く予定でした。
なにのこの軽装。どうよ?笑 あるいみ無敵ですこの男。


この辺りはフラットな高倉林道。
ガレ、フラット、いい景色、アップダウン、紅葉に山桜等、四季を通してなかなか楽しめる林道です。

高倉林道を今度は下る下る。カーブは若干ドリフト気味で面白い。3輪ドリフト。そんなこんなで、いつのまにか隊員3号と5号とはぐれる。集合場所は桜池ってなってるので、まぁどこかではちあうやろうと気にせずどんどん走る。風吹峠を越えて広域農道へ左折するために信号で停まってたら、なぜか後ろから隊員5号が。なんで?!深くは詮索せずに、若もの広場前にてユタッチを待つ。しばらくして台車に乗ったユタッチ登場。台車は過去2度程お世話になったアプリオ。もっといいバイク台車にならんのやろか笑

合流の後、ユタッチ先頭で桜池へ。キャノピーは相変わらず遅く・・・それに比べてアプリオはえーーー!!自分で乗ってるときはなんて不安定でフニャフニャするバイクや思ってましたが、今日ばかりはスーパースポーツに見えます。※あくまでキャノピーからの視点


お花見渋滞。正月三が日もこのあたりは渋滞します。


根来SL公園。過去にフェロメンバーで見学に行ったりしました。
元運転手のおっちゃん達が親切丁寧に解説してくれます。オススメスポット!
>>根来SL公園の画像はこちら


台車のアプリオに乗る隊員3号@ユタッチ。
しきりにマシントラブルで予定が前後してしまったことをわびてましたが、
そんなのを気にするシェルパーズメンバーは一人もいません(笑)


信号待ち中の我々。根来寺への花見渋滞のあおりを食らって、渋滞抜けるのに結構な時間取られてしまいました。
みんなバイクできたらええねん(笑
写真見て気づいたが、オレンジキャノピーの屋根の上に変な顔があった笑

渋滞を抜け、特に何事も無く桜池に到着。いい感じで桜が咲いてるが、その割には人は少ないです。この場所にて、おなかを極限まで空かせたアズマックスが暴れだしたため、ユタッチが遅れたお詫びとして買ってきた、激ウマチーズケーキを与える。満腹度+2。

桜池外周をのんびり探索した後、昼飯・・・と思いましたが、ご飯を食べるロケーションにはあまり適していなかったので、三度移動開始。最初が峰展望台まで移動し、そこで食べることにします。この決定を無言でうなずくだけの、空腹が最高レベルのアズマックスの背中は、なぜか哀愁が漂っていましたw


桜池へ到着したシェルパーズ。バイクを端っこに停め、早速見学。
空腹の隊員5号の足元がなにやらおぼつきません。


桜池へと登る道が見当たらなかったので、目測70度ほどの斜面をファイト一発!方式で力を合わせて登る。


[動画:ファイト一発]


湖面ではボートで奇声を上げる人が。
アヒルみたいな漕ぐボートなら乗ってみたい。


目の前に調度いい感じで見える龍門山。
これから向かう最初が峰はこの龍門山の右端に位置します。


松峠林道桜池側。反対側入り口のツーレポはこちら。


(左)桜とキャノピー(と誰かの車)。
(中・右)いい感じじゃないでしょうか。桜池の桜。


桜池の桜を堪能した後、いいかげん隊員5号の空腹がやばいのでそろそろ移動します。


[動画:ジャイロキャノピーで車載動画]

桜池から最初ヶ峰までは、ここからおよそ30分程です。最初ヶ峰まで続く、長く急な登り坂は、もちろんキャノピーにとってはエベレスト。後ろからアプリオに乗る隊員3号に煽られながらも、何とか最初ヶ峰駐車場に到着。狭い駐車場にきちんと縦列駐車したシェルパーズでしたが、後からきた車軍団のおっちゃん方に「あとから車が数台くるからもっと端っこに寄せて」と、遠まわしにどいてくれ的な事を言われてしまったので、泣く泣く駐車場所を移動。最初ヶ峰入り口のすぐ脇にある、半分藪のようなところへバイクを詰め込みました。バイクって肩身狭いねん・・・orz


(左)慌ててバイクを移動する我々。別に慌てる必要ないのに・・(笑)
(右)これは帰りの画像。この場所にバイクをねじ込む。駐車スペースには困らないバイクw


(左・中)パノラマがうまく繋がらなかったので2枚連続で。最初ヶ峰頂上から少し下に下りた所にもうひとつ展望台があります。
(右)約200段ある階段にもトンネルのように桜が。


(左)最初ヶ峰が和歌山の夕日100選のポイントですが、今日はどんより曇り空。夕日は見れそうにありません。
(中)少し霞がかってますがいい景色です。
(右)最初ヶ峰頂上は確か280メートルくらい。結構いい感じで桜が咲いてるが人はまばら。穴場かも?


(左)ようやく昼ごはんです。しかし時間はすでに5時半。ほとんど晩飯w
(中)本気と書いて「マジ」と読む。よくわかってらっしゃる(笑)
(右)隊員3号と黒兄が買った弁当。ご飯の上にから揚げが載ってるだけのシンプルなやつ。


[動画:ギリギリお湯の足りたカップラーメン]


展望台から奈良方面を望ム。


タイタニックして!の声に素直に反応する隊員5号。満腹になったので機嫌もいいようです。


(左)最初ヶ峰頂上から。先ほど居た展望台。結構高度差が出てる画像。
(右)展望台にあった望遠鏡から、なぜか打田のバッティングセンター(笑)

最初ヶ峰で飯くったり食後の運動・キャッチボールをしたりして、時間はそろそろ6時半。あたりも暗くなり出してるので、そろそろ帰還することにします。打田のバッティングセンターもついでによって、バッティングにて汗を流す。その後さらに、r62犬鳴峠を走り、大井関公園でさらに桜を見る。・・・宴会パーティーが一組いたものの、閑散と・・・。早々に立ち去り、最後の締めにと新滝ノ池へ。已然閉鎖されたままのこの場所は、夜ともなると”なにか”が出そうな雰囲気。


バッティングセンターにて、股間の辺りをコートを着た変質者ばりに誇示する隊員3号。
なにしてんねんww


大井関公園にて。閑散としてて寂しい。暗くて桜も良く見えなかったのでさっさと退散!


帰りにちょっとだけ、いろいろと思い出の詰まった新滝ノ池へ寄る。桜もちらほら。
画像は仲良く肩を組む隊員3号と5号。それを撮る4号。さらにそれを撮る黒兄。
みんなテンション高めです。

新滝ノ池を本日最後のツーリングスポットとし、ユタッチのマシントラブルはありましたが、本日のツーリングも無事終了。来年もまた、花見ツーリングやりまっしょい!

・・・その後、自宅へ戻ったのち、今日の疲れを心地よく流そうと、車に乗り換え高速から花山温泉へ。この場にて、ネタ大王アズマックス隊員5号がやってくれました。タオル一式すべてを忘れてしまい、当然前掛けが無い。そこで隊員5号の取った作戦とは、自身が着ていた黒のランニングシャツをタオル代わりに使うという大胆なもの。みんなで冗談でそれを言ってたのですが、実行に移すとはさすがですw遠くから見たら黒いタオルを持ってるようにしか見えませんが、黒いタオルって珍しいやんね!!(笑)

この黒いタオル(ランニングTシャツ)を頭にのせてビバノンノン♪してる隊員5号を見て、ユタッチは笑いが止まらなくなっていました。さらに、頭にタオル(ただのTシャツ)を乗せているアズマックスを見て、「ここのお湯の成分すごいからタオル(ただのシャツ)湯船におとさんようにきーつけいや」と助言したところ、「うん。」とうなずくと同時にタオル(黒いランニングTシャツ)を湯船に落とすアズマックス@1日5回のお通じ。狙ってるやろそれは・・・笑


(左)花山温泉概観。いつきても結構賑わっております。泉質は折り紙付き。
(右)館内を進む我々。隊員5号は肩から温泉セットを入れる入れ物を提げてますが、タオルとか入ってません笑


[ツーリングTOPへ戻る]

*
このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ最近に追加したツーリングや温泉レポートの一覧です。日付は更新日となっています。簡易レポートについてはここでの告知は行っていませんので、そちらについてはTOPページのブログから過去ログを辿っていくか、ツーリングレポートのページから過去掲載分を確認することができます。

最近追加したツーリングレポートの過去ログ

スポンサードリンク