スーパーシェルパやジャイロキャノピー、スーパーカブによる林道ツーリング。スカイウェイブ250 タイプMの紹介等。

四季の郷公園/ふれあい公園キャンプ場/山田ダム(2007/10/7)

四季の郷公園を後にし、次なる目的地、山田ダムを目指します。貴志川のあたりを走りながら、「あぁ、もうずっと前にこの辺り走りに来たなー」とか、懐かしい景色を見ながら、先導する隊員4号についていきます。いったん国道424号線に出て、いつしか道は県道10号へ。途中の信号待ちの時に、「この道間違ってるんちゃうん?」っと、隊員3号がそっと耳打ちしてきます。でも、そんなの関係ねぇ!先導する隊員4号のナビを信じて、よくわからない山道をどんどんと登っていきます。アップダウンも激しく、カーブも急でテクニカルな道です。なにやら茶色い匂いもします(牛小屋みたいな)。そんなこんなで、たどりついた場所はというと、ふれあい公園キャンプ場という所でした。隊員4号もそらたまには間違いますがなw


間違って来てしまいましたが、せっかくなので見学します。
どうやら動物達と触れ合える公園のようです。


山田ダムまでのルートを確認する二人。画像右上の山の斜面には「のかみ」の文字。
だいぶ間違ってたようですが、地図を見る限り、山田ダムまでもうひと息、という感じです。


まずはアヒルと触れ合うことにします。
でも、檻の中なので触ることができません。ふれあえねぇ!


アヒルと触れ合えなかったので、腹いせに見晴らしのよさそうな展望台へ。
展望台に行きたいだけなのに、無意味にアスレチックです。なぜに?!笑


小さな展望台のくせに、見晴らしは最高じゃないですか!
アスレチックを乗り越えた物だけに与えられる光景です(嘘)
ちなみに山田ダムは、↑の画像から右へ60度程向いた方角にあるみたいです。


どうやらこの檻の中で、犬と人間とのふれあい(バトル)が、定期的にあるらしいです。
あー、触れ合いたかったなー(棒読み)。


施設内部へも侵入してみました。 その施設においてあった、動かない犬にむかって、
「おーよしよしよし!」と、ムツゴロウさんの真似をする隊員4号。
生きてる大きい犬は苦手の隊員4号です。


画像一番手前の落し物は、きっと動物好きの悪い人が落として言ったに違いありません。
間違いない!


一通りふれあい公園を散策した後、〆にと黒沢牧場ソフトクリームを食します。
隊員3号は、これがどうしても食べたかったらしです。おいしゅうございます。

ふれあい公園には、キャンプ場と名前がついているとおり、オートキャンプ場もしっかりあります。そんなに広くは無いですが、静かに過ごせそう。温水シャワーや氷の自販機も完備しているようです。値段は、不明(笑)

ソフトクリームも堪能した我々は、次こそはと、再び山田ダムを目指して出発!時間はすでに午後4時半。この時期は、ここからつるべ落としのように日が落ちていきますので、やや急ぎ足での移動です。暗くなってからのダムは、出て欲しくない魅力がではじめてしまうので・・・・笑


<<前のページへ戻る 1|2|3 次のページへ進む>>

[ツーリングTOPへ戻る]

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ最近に追加したツーリングや温泉レポートの一覧です。日付は更新日となっています。簡易レポートについてはここでの告知は行っていませんので、そちらについてはTOPページのブログから過去ログを辿っていくか、ツーリングレポートのページから過去掲載分を確認することができます。

最近追加したツーリングレポートの過去ログ