キャンピングカー購入記 その2【中古キャンピングカーを買う】

その1からの続きです。久々にコンテンツらしきものを作っているのですが、記事作るまでの時間が昔に比べて確実に遅くなっておりますw

文字入力のリハビリも兼ねて、引き続きキャンピングカー購入記を書いていきます。

ドMスタイルが激減していった2006年~2011年

時間が経てば生活も変わっていくもので、学生から社会人となり、自由に使える時間がどんどんと減っていった時期です。

特に2008年以降、寝てる時間以外は殆ど仕事してるような状態になってしまい、以前のように夜中に出発しては夜通し走るということも激減。

そして、仕事の疲れを癒すために日帰りで温泉に行ったり、GWやお正月休みは旅館やバンガローに宿泊するというスタイルにシフトしていきます。

野営やキャンプ場でテントを張ることが少なくなり、なるべく手間を少なくして時間をお金で買う様になっていったわけです。

当然移動はできるだけ高速道路を利用します。フェリーも使います。そう、お金の暴力です。「高速使うとかww」と鼻で笑っていたのにこの変わり様w人間変われば変わるものです笑

そして、この頃からキャンピングカーがあればやっぱり便利だと再認識します。我々の旅行スタイルは、あまりにも行き当たりばったりなもの。当日や、前日の夜に「よし!行くか!」と思い立つことも多く、そうなると当然宿の予約なんて取れません。

特にハイシーズンに当日予約を取るなんてことはなかなかに難しく、テントサイトもかなり混みます。そして、宿の探し疲れによって「今回はやめとくか」となってしまいます。

「こんな時にキャンピングカーがあればなぁ~」と思う事が何度もありました。

やっぱり欲しいキャンピングカー しかし!

そんなこんなで2014年。我が家のステップワゴンも走行距離が10万キロを超え、特に故障も無く快調に走っておりましたが、そろそろ新しい車に買い替えたいとの意見が出てきます。

候補は同じくステップワゴン。さらにスパーダをチョイス。先代に比べてダントツにカッコよくなった外観やクルコン装備等、さすがに進化を感じさせる装備が目白押しです。

そのタイミングで私が考えたのが、買い替えじゃなくて増車、ようするに今こそキャンピングカーを購入しよう!というものでした。

CCFオオモリ(大森自動車)が主催するキャンピングカーの展示会に行ったりもしました。2014年5月のことです(写真はバンテック ZiL520)。

展示場には中古車も置いてましたが、程度の良い綺麗な車体が400万程で売られているのを見て、思わず即決しそうになるもぐっと我慢。

まだまだ熟考するつもりでしたが、ここにきてステップワゴンのスパーダがカッコイイ!との意見が多数を占めてしまいます。今のステップワゴンがまだまだ乗れるのに、買い替えるのはもったいないと何度も説得しましたが、結局買い替えに決定。

この頃は今ほど中古車の価格も高騰しておらず、ステップワゴンの購入資金にいくらか積めば、低走行の程度の良い中古車が購入できていただけに、悔いが残る選択となってしまいました。

2016年にはキャンピングカーをレンタルして、4泊5日で信州~北陸を巡る。実際にどんなもんか使ってみないと分かりませんからね。

そして、たまにキャンピングカーの中古車情報を眺めることはありましたが、これ以降キャンピングカー熱も下火に・・・。

キャンピングカー購入記 その3に続きます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする