林道 高倉線と謎池探索 雨山登山とか

GoProを購入後、せっかく入手したはいいが、肝心の林道走行は試し撮り程度で少し走っただけ。まだがっつりと映像を残せていませんでした。というわけで、またまた午後遅くからではありますが、近場の林道へテスト撮影に。裏芝池林道は距離が短すぎるので、今回は高倉林道へ。


高倉林道手前にて。某キャッチボール軍団も愛用していた、新家球場横の広場が様変わりしておりました。


ド直球な警告看板。もうここではキャッチボールは出来そうにありません・・・。


気を取り直して、高倉林道へ進みます。ここからは当然動画撮影。

動画の1分40秒頃になぜか停車してますが、気にしないでください(笑

こちらは堀河ダムの周回道。いつもの自販機でアイスカフェオレを購入。

高倉林道、堀河ダムと走って、今日のもう一つの目的である、「謎の池」を探しに行きます。前回(4月9日のツーリングレポート参照)の探索の際も、途中までは探索してましたが、猟犬らしき集団に出くわしてしまったので、直前のポイントで足止めを食っていました。本日再チャレンジ!

堀川ダムから金熊寺の山中へ向かいます。


謎池へと続く登山道入り口に到着。今回は猟犬はいませんでした。一安心。


このスペースは山作業の方々が車を展開する場所っぽいので、なるべくバイクを端っこに停めておきます。


鬱蒼としてますが、やっぱり山の空気はおいしい。ガンガン進みます。


オーバーハング気味の木の根っこ。雨が降るたびに少しずつ削れている様子。いずれ倒れてしまいそうです。


暫く歩くと、登山道なのか沢なのかよくわからない状態に。問題なく歩けるので、さらに奥に進みます。


こんな感じ。足を滑らさないように注意して進みます。


なにやらウシガエルらしき鳴き声が聞こえてきました。池が近い様子!


おー!あった!謎池発見!池の主でも住んでそうな雰囲気。いや~これはテンションがあがります笑
そもそもこの池ですが、剛健質素のGingaさんのブログで紹介されていたのを見てから、是非とも見てみたいポイントでありました。


謎池。通称「蒼い池」。パノラマで撮影。クリックで大きな画像が見れます。


謎池をバックに、先ほど堀河ダムの自販機で買っておいたカフェオレを飲む。

それにしてもこの池、その時期や天候によって水の色が変わるんでしょうか?幾つか紹介されていた記事の写真を見ても、白っぽかったり、蒼かったり、エメラルドっぽかったりと。今日の色は、なんだか不安を掻き立てられるような恐ろし目の色のような気がします。というわけで、また別の日に再度訪れてみます。


元来た道を戻ります。ちなみに入り口から池までは、徒歩で約7分とお手軽距離でした。

この後、自宅に戻って暫くしてから、隊員4号がやってきました。今回の謎池探索の結果報告と、金環日食について話あった後、自宅のすぐ近くにある「雨山」へプチ登山。


かなり急な階段を登ります。


周りに木々が多い茂っているので、頂上付近の展望は殆ど無し。


雨山の頂上に立つ電波塔。


頂上付近に社があります。


おまけ:堀河ダムで撮影したシェルパ。GoPro HD HERO2で撮影。こういったアングルで撮ると、超広角も手伝って迫力が出てイイカンジ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

総計