スカイウェイブのインプレのご紹介。あくまで個人の主観によるものですのであしからず

スカイウェイブのTOPへ主な特徴インプレッション各部詳細と改造箇所スカイウェイブでツーリングスカイウェイブ日記スカイウェイブ250の燃費

スカイウェイブ250 タイプM(CJ45A)のインプレッション

スカイウェイブに載り始めて、早くも4年目となりました(2012年現在)。走行距離自体は、まだ2万キロの手前で、年間5000キロ程のペースで、まったりと走っております。十分に乗りこなせているかどうかはわかりませんが、このバイクの特性も大分と分かってきた気がします。

このページでは、納車から慣らしが終わるまでと、慣らしが終わってから~1年後等のインプレを載せておりますが、その時々に感じたことを書いており、素直な感想が載っている(はず・・w)ですので、そのあたりも含めて、これから購入を考えている方々の、ちょっとした参考にでもなってくれれば幸い。

納車~500km

乗り始めて間もないので、詳細はまた追って紹介していきます。納車初日に、80キロ程走行した感じで受けた印象ですが、やっぱり重たい!これはわかってて購入しましたが、取り回しが大変です(笑)。乾燥重量で204kgもあるので、 取り回し時にバランス崩そうものなら、もう無理でしょう(笑)。しかし、いったん走り出してしまえばそんな重さもまったく感じることなく、スイスイとした感じで非常に軽く感じます。

足つき性も問題ありません。まだ慣らし段階ということもあり、そんなにもエンジン回せませんが、なかなかにマイルドな吹けあがり。 各種マニュアルモードをちょっとだけ試して見ましたが、使いようによってはメリハリのある楽しい走りが出来そうな感じがしました。ブレーキ性能、直進安定性も申し分なく、今のところは取り回しが重たいというくらいしか不利な点は感じません。暫く乗った後に印象がどう変わるか楽しみです(笑)。

500km~999km

・・・で、購入後約1ヶ月とちょっと。現在走行距離は900キロを超え、慣らしも最終段階に突入。走行距離~500キロまではおとなしく運転。500キロを超えたあたりから、少しエンジンを回して、それでも抑えつつじっくりと慣らし。800キロを過ぎたあたりからは、パワーモードを使ったりして、結構エンジンを回し始めたりし始めてます。慣らし完了まであと少し。

ちなみに、スカイウェイブ250 タイプMの特徴でもある、各種のドライブモードですが、普段は7ATモードで走ってます。4000回転付近で次々とシフトチェンジをオートで行ってくれるのですが、これがなかなかいい感じ。スムーズにサクッサクッ!とつながって行く感覚です。似非ミッションモード万歳です笑

1000km~

熊野古道温泉キャンプ場入り口にて

ついに慣らし運転も終了!いきなり全快・・・とはいきませんが、気持ち、エンジンの回転数を回してみたり、パワーモードで坂道を登ってみたり、はたまた、7MTモードでスポーティーに走ってみたり・・・。いろいろと走行に制限もなくなり、ようやくスカイウェイブの真価を発揮させています。とくにパワーモードが、かなりイイ!グイグイと前へ進んでいってくれます。

それにしても、いまだにスロットルシフトモードの意味がわかりません。これ、どうやって発動さすんでしょうか・・・(笑)。ブレーキしてアクセル緩めて、それからどうするって????はっきりって、必要性はまったく感じません・・・笑
※現在はやっと理解できました。絶対にあるほうがいい(笑)

那智の滝とスカイウェイブ 橋杭岩にてSKYWAVE250 TYPE M

慣らしも終わり、心置きなくロングツーリングへ!バンク角がかなり浅く、すぐにセンタースタンドをカリカリ擦って怖い思いをする事もありますが、概ね満足な走りをするスカイウェイブ。特に長距離になればなるほど真価を発揮!疲れ知らずです。

5000km~

やっとこさ5000キロです。スカイウェイブ日記に書いてあった事をそのまま載せてみます。

約11ヶ月かかりました。主な使用はツーリング、たまに通勤に使う程度です。この間のトラブルも無し(リコールは除く笑)。 乗り味というか、このバイクの特性みたいなのもほぼ分かったような気がします。町乗りでちょこちょこと走るよりは、ツーリングに向いてるバイクですね。長距離でも疲れにくいです。高速走行も、100キロ巡航もつらくなく、追い越しする際も十分なパワーがあります。

0発進は多少、もたつく感じはしますが、40キロくらいからの加速が気持ちいい!最初、使うこともないと思っていたスロットルシフトも常にON。7MTモードが思っていた以上に使えたりと、タイプMにしといてよかったなーというのが今の気持ちです。 自分はまったりもっさりなマイペースな走り方をするので、常にCTVモードでも問題ないのですが、やっぱり走り方に色々と味付けをして楽しめる方が良いに決まってます(笑)。

特にいじる箇所もその必要性も無く、購入してからまったくカスタムもしていない状態です。今後も基本はドノーマルテイストですw でも、ナックルガードとロングスクリーン、これは次の冬が来る前に装着する予定です・・・。ロングスクリーン、純正のリミテッドについてるやつ付けようと思ってましたが、2万くらいするみたいです。たっかいです笑

約1年間乗ってみての感想

これまた日記からの転用。原文を若干修正して載せてあります。

早いもので、スカイウェイブの購入からもう1年が経ってしまいました。そこで、スカイウェイブを1年乗ってみての感想を。まずはファーストインプレッションがどんなものだったのかおさらい。一部抜粋して簡単に纏めてみます。

  • がっしりとしたフレーム&足回りによる快適なクルージング。横風や追い越しトラックの風圧にも耐える。フラフラしない。左右の足元付近がえぐれた構造(カットフロアボード)による足つき性の良さ。
  • 大容量のシート下トランクスペース(63L)。フルフェイス2個+αが入る。積載性はばっちり。
  • マニュアル走行モードが楽しい。両目点灯のライトが明るい。燃費が良い。
  • 車体重量は200キロを超える。動き出せば軽いが、停車時の取り回しはきびしい。林道、砂利道等はまったくダメ。
  • 雨の降り始めた路面、濡れ落ち葉、苔生した道等、おもわずツルッといってしまいそうなシチュエーションが多い。バンク角が浅く、サイドスタンドやセンタースタンドがすぐ地面を摺る。
  • 高速道路での安定性が◎。もの凄いパワーは無いが、100km巡航も余裕。

ざっと見てこんな感じでした。後からどんどん追加していってましたので、ファーストインプレッションとは言えないかもしれませんが・・・。1年程乗ってみての感想を纏めると、概ね最初と同じような感じです。全くセカンドインプレッションになってませんがw

なので、新たに発見・感じた点等をまたまた箇条書きで。

  • ショートスクリーンでの長距離は辛い。特に高速道路の長時間移動は堪える。
  • 燃費は大よそ30km/lで安定。ツーリング時35km/l、通勤のみだと28km/lくらいになるようです。燃費は相変わらず◎
  • 給油時の燃費と、燃費計との誤差はあまり無いです。あっても1km/l~2km/l程。結構正確です。
  • 水温系は、冬場なら走り出して5分程。夏場なら3分もすれば針が動き始めます。暖気運転にそこまで神経質になることもなさそうです。実際朝急いでるときはエンジンつけていきなり走り出したりしてますが、今のところは問題なさそう。
  • ごちゃごちゃしたスイッチ類(主に左側)は、慣れればまったく問題無し。最初はパワーモードおしたつもりがフォーンならしたりしてました(笑
  • バンク角はやっぱり浅い!倒しこむのに非常に気を使います。ちょっとした段差でもセンタースタンドが地面を叩いたりもします。
  • ブレーキ。良く効く(と思ってる)。CTVモードのままだとエンブレが殆ど効かないので、減速時は結構気を使う。MTモードでは問題無く強力なエンブレを使うことができます。速を一気に落としまくってエンジンを唸らせるのが面白いw
  • 出足は確かに鈍い。でも、MTモードを使えばとたんに別バイクに!楽しいです。
  • 出足付近、クラッチが繋がっていく際の振動が不快ですwジャダーという現象だそうです。
  • 走り出すと、200キロの重さを感じさせない旋回性があります。ヒラヒラと軽快です。すり抜けはちょっと厳しい。大人しく走ってます 笑

今のところ、殆ど不満も無く、楽しく乗らせてもらってます。ツーリング途中に、楽しそうな林道や横道を、その巨体と重量故あきらめなくてはいけないシーンもありますが、それは仕方ないと割り切ってます。

次はまた、来年あたりにサードインプレッションなるものでもやってみたいと思います。ひとまず、1年間無事故無違反をありがとう!

走行シーン別のスカイウェイブ

スカイウェイブに乗り始めて、1年半が経ちました。それなりに色々な所を走ってみたので、シーン別でとやかく書いてみようと思います。あくまで個人的な感想ですので、必ずしもこれが当てはまる分けではありません。
※この項目は書きかけです 笑 ←wikiの真似w

街中

走る機会が一番多いシチュエーションでありますが、今のところ不満はありません。すり抜けがし辛いのは、この大きな存在感に比べれば微々たるものです(笑)。ブレーキはしっかりと、思い通りに効いてくれますし、加速もタタタタッ!といった感じでストレス無く走ります。大柄な車体ではありますが、小回りは結構ききます。

高速道路

得意です。問答無用で安定した走りが期待できます。がっしりどっしりとした車体は、突然の横風にも強く、トラックの追い越し風にびびらされることも少ないです(まったく無い分けではありませんがw)。若干パワーの不足も感じますが、ドカン!とした加速は求めていませんし、最高速も流れに乗れればそれでOKです。

100キロ巡航も余裕でこなします。追い越し時にパワー不足を感じますが、そんなときこそパワーモードON。ちょっとだけ優越感に浸れます(笑)。エンジンからの振動も少なく、ハンドル周りも静かなもんです。エンジン音もカバー類に隠れているからでしょうか。ほとんど気になりません。遠出、長距離が楽しくなるバイクですね。

未舗装路、林道等

駄目でした。初めて入った未舗装路が川原でしたが、次の日に立ちゴケ!自重でどんどん川原に埋まっていきます。少し砂の浮いたような荒れたアスファルト、濡れ落ち葉に苔、雨の降り始め等にも弱く、シェルパで走りなれた道ですら、悪路は怖くてチビりそうになります(笑)。

スカイウェイブで無理をしてそんな所に行く必要はありませんが、どうしても走らなければならなくなった場合は覚悟が必要かも・・しれませんw

以下、まだまだシチュエーション別に執筆中!随時更新していきます。

スカイウェイブのTOPへ主な特徴インプレッション各部詳細と改造箇所スカイウェイブでツーリングスカイウェイブ日記スカイウェイブ250の燃費

公開日:12/07/26
最終更新日:12/07/26

[サイトのTOPへ戻るスカイウェイブ250 タイプMのTOPページへ戻る]

 

*
このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ最近に追加したツーリングや温泉レポートの一覧です。日付は更新日となっています。簡易レポートについてはここでの告知は行っていませんので、そちらについてはTOPページのブログから過去ログを辿っていくか、ツーリングレポートのページから過去掲載分を確認することができます。

最近追加したツーリングレポートの過去ログ

スポンサードリンク