スーパーカブのステップ位置調整とフロントスプロケットを14Tに変更

先週のスーパーカブ&CT110で行く久々のがっつり林道ツーリングから2週間。明日、再びサカイさんと一緒にK山へ林道ツーリングに行きます。そこで、現状のスーパーカブをもう少し山仕様に変更。チェンジペダルの位置調整と、フロントのスプロケットの変更を行いました。

DSCF1603

まずはチェンジペダルの角度調整。前回のツーリングの際、踏み込み側がひん曲がってしまいました。
また曲がってしまうと思うので、曲がりに関してはこのままにしておきます。予備も購入しておかなければ。

DSCF1605

変更後。もっと位置を上げてみたのですが、かかとでシフトダウン側のペダルを踏めなくなってしまったので
この位置で落ち着きました。

DSCF1606

スプロケも交換。交換といいますか、ノーマルに戻すだけですね。
以前、燃費の向上を狙って変更していたのです(スーパーカブにスノータイヤ装着/スプロケット交換)。

DSCF1607

油汚れで汚い・・・。チェーンもかなりノビノビでもう限界っぽいです。
タイヤ交換の際、一緒に交換してあげたほうがよさそうですね。

DSCF1610 DSCF1609

アジャストナットを完全に緩めてタイヤを前に蹴飛ばせばチェーンが緩々になってスプロケの交換が楽になります。

DSCF1614

スプロケを交換して、ついでにチェーンの張りも調整。軽く試走に。

DSCF1618

作業の開始時間が遅かったので、すぐに日没。
自宅近くの急勾配の途中にて。

ノーマルに戻したスプロケですが、自宅近くの急勾配を2速でも元気良く加速するようになりました。T数をアップさせても燃費に大きな違いを感じることが出来なかったので、もうこれで良いかなと。巡航は少し厳しくなると思いますが、林道では必要ない要素なので問題なしですね(笑)。次は転倒してもミラーが割れてしまわないように、可倒式のミラーを装着予定です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

総計