ジャイロキャノピーのお話

ちょっと間が開きましたが、師走のクソ忙しいこの時期、皆様はいかがお過ごしでしょうか?忙しさに負けて、まったくツーリングに行けないワタクシであります。

それでも毎朝毎夜、往復の約10キロをバイクで走ってます。朝の寒さが厳しいです。夜の寒さも厳しいです。なので、キャノピーの大きなスクリーンが、その風を防いでくれてました。が!そのキャノピーにトラブル発生!前輪がなんか、はずれそうな音してます。ガッコンガッコン、進むたびになんか鳴ってます。軋んでます。ハンドルにもなんか、振動がきてます。今にもタイヤが外れそうな音です。

でも、原因がわかりません。フロントシャフトのボルトを増し締めしてみても、変わりません。もう限界なのか・・・。もともとが、名古屋で乗りつぶされて、あとは廃棄を待つだけだったキャノピーです。あれからろくな整備もなにもせず、よくもまぁまともに走ってたなと。駆動系いじったりしてる場合じゃありません。ちゃんとまともに走れるように、メンテナンスをしてあげる必要があります・・・・。色々な思い出もつまってます。手放す気もありません。今まで、大きなトラブルも無くしっかりと走ってくれていたジャイロキャノピーをもっと、大切にしてあげなければ!

・・・と、一瞬そんなことを思いましたが、とりあえずは走るし曲がるし止まるので、やっぱりこのまま乗ります。笑 そんな、特に意味もない話。(どんだけー)

春なって暖かくなったら、整備します。すいません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

総計