林道走行の際の、地面からの飛び石等でエンジンが傷つかないようにとの期待から、エンジンガードを装着。

TOP利点と特徴詳細な外観改造やメンテナンス/ツーリングスーパーカブの燃費動画置き場ブログリンク

スーパーカブにアンダーガード(エンジンガード)を取り付け

スーパーカブの能力を最大に発揮するなら、是非とも林道は走りたいところ。実はオフロード(未舗装路)を走らせれば、カブは結構早いという話があります。WEBのどこかで、そう見ました(笑)。確かに悪路にも強いスーパーカブ。ならばと、似非オフロード仕様にするべく、アンダーガードを取り付けてみたいと思いますw


またまたオークションにて購入。1000円。高いのか安いのか・・・(笑)。

丸い穴は、オイル交換用のものです。付属パーツは無し。スーパーカブ本体についているネジ類を使用するからです。

取り付け。車体にはめ込んで、レッグカバー本体にはまってるネジを使って固定するだけです。超お手軽。この車体後ろ側(はめるだけのほう)が、なかなかはまりません。力技でねじこんでしまいましたよワタクシはー。

アンダーガード下から。エンジン本体は守れてますが、エキパイ部分とかは丸出しです。笑

フレームのこの部分に、アンダーガードを無理やり差し込んでるだけです。素晴らしい!

実際装着してみての効果ですが・・・。さっそく行った林道ツーリングにて、底をガッコンガッコン擦ってみました(別に意図してやったわけではないw)。というのも、アンダーガードの高さの分だけ、最低地上高が下がった分けですから、そりゃーいままでよりも擦るってもんです(笑)。でもまぁ、下からのダメージはかなり減らせそうではあります。ドレスアップ度は0です。なんたって、外からまったく見えません。実用性(?)重視の、完全に自己満足なカスタムです。無いよりは、絶対にあったほうがいいですよね?w(右の画像に、深い意味はありませんw)


[戻る]  
このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ最近に追加したツーリングや温泉レポートの一覧です。日付は更新日となっています。簡易レポートについてはここでの告知は行っていませんので、そちらについてはTOPページのブログから過去ログを辿っていくか、ツーリングレポートのページから過去掲載分を確認することができます。

最近追加したツーリングレポートの過去ログ

スポンサードリンク